スポンサーリンク

PJSとは?

PJSとは、PUBG Japan Seriesの略称です。DMM GAMESによって主催されているPLAYER UNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)のリーグ戦であり、公式によって認定されている日本唯一の公式リーグでもあります。

PUBG corporationPUBGesports化に取り組んでおり、公式のプロリーグが6つの地域(北米、ヨーロッパ、韓国、日本、中国、台北)に設置されています。東南アジア、ラテンアメリカ、オセアニアではリーグではなく「プロサーキット」と呼ばれるトーナメントが開催され、これらの合計9地域から上位チームが世界大会であるPUBG Global Invitational(PGI)への出場資格を得ます。

PGI2019年度の賞金は不明ですが、2018年度の世界大会はFPPTPPでそれぞれ100万ドルずつ、賞金総額200万ドルと非常に高額賞金の大会でした。2019年のPJSseason243シーズンに別れており、これらのシーズンで総合成績上位を獲得したチームが日本代表としてPGIへと招待されることになるでしょう。

また、PJSGrade1Grade2の二部リーグ制となっています。Grade2の下にはさらにPaRと言われるいわゆる入れ替え戦が存在しており、PaRで優秀な結果を残すとDMM GAMESによって正式にPJSのチームとして認定されます。

PJSは様々なプラットフォームでリアルタイム配信もされています。バトルロイヤルブームの火付け役となったPUBGの公式リーグということもあって、観戦でも非常に人気の大会となっています。

大会フォーマット

PJSのスケジュールはSeasonPhaseDayRound4つに細分化することができます。1つのSeason2つのPhaseに別れており、1Phaseにつき3日間、1日につき4Roundの試合が実施されます。つまり、1Seasonにつき計6日、24Roundが存在することになります。

 

二部リーグ制の詳細についても解説します。PJSGrade1Grade2の二部リーグ制を採用しており、Grade1が上位リーグとなっています。各リーグには16チームが在籍し、リーグの入れ替えはPhaseごとに行われます。各シーズンのPhase1にて、Grade1の上位12チームは残留、下位4チームはGrade2へ降格となります。Grade2は上位4チームがGrade1に昇格、下位4チームがPaRに降格、残りの8チームが残留となります。PaRPromotion and Relegationの略で、リーグ戦への参加資格を得るためのいわゆる入れ替え戦となっています。PaRの上位4チームがGrade2の下位4チームと入れ替えとなります。

 

試合はEsportsモード、視点はFPP、マップはRound12ではMiramarRound34ではErangelが使用されます。

 

参加チーム

 

Season3 Phase1終了時点での各Gradeの在籍チームは以下の通りです。

 

Grade1

DetonatioN Gaming White

Crest Gaming Xanadu

Rascal Jester

Sunsister Suicider’s

Lag Gaming

All Rejection Gaming

野良連合

V3 FOX

Team RAYZE

DetonatioN Gaming Black

USG Folklore

JUPITER NOVA

Lag HighVoltage

BLUE BEES

Galactic

SCARZ

 

Grade2

Crazy Cats Cosmo

USG Blanc

SengokuGaming

Zoo Gaming / Penguin

PUBGRU Rahxephon

HANAGUMI STRELITZIA

Crest Gaming Rapid

Snowflakes

JUPITER CORE

SCARZ 2nd

GrimNight REDCELL

Quintette Reverie

RNG5

Dear Ding-Dong Dullahan

Arcana

Ace1 Delight

 

スケジュール

 

PJSのスケジュールは公式サイトより確認することができます。結果等もこちらで見れるほか、公式のYoutubeチャンネルには過去の試合の動画がありますので、見逃してしまった場合はこちらで見るといいでしょう。

©DMM GAMES

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事