STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021

株式会社テレビ東京、株式会社電通が開催する、日本最大の高校eスポーツの祭典『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2022』は、2022年8月12日(金)〜15日(月)の4日間に渡って全国大会を開催しました。

リーグ・オブ・レジェンド部門では、学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)「N1」、クラッシュ・ロワイヤル部門では、 学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)「最弱IMasters」、フォートナイト部門では、岡山
県立水島工業高等学校(岡山県)「コンテンダーリーグ」が、GAME PARTYフォールガイズ部門では学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)「funa_3935」、ヴァロラント部門では学校法人角川ドワンゴ学園S高等学校(茨城県) 「achive5」が、栄えある日本一高校生チームに輝きました。

STAGE:0 2022 結果

STAGE:0 2022 結果

リーグ・オブ・レジェンド部門

  • 優勝:学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)「N1」
  • 準優勝:ルネサンス大阪高等学校(大阪府)「枯れ葉チルドレン」

クラッシュ・ロワイヤル部門

  • 優勝:学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)「最弱IMasters」
  • 準優勝:同志社高等学校(京都府)「京都饅頭リベン茶ーズ」

フォートナイト部門

  • 優勝:岡山県立水島工業高等学校(岡山県)「コンテンダーリーグ」
  • 準優勝:学校法人佐藤学園ヒューマンキャンパス高等学校(沖縄県)「人」

ヴァロラント部門

  • 優勝:学校法人角川ドワンゴ学園S高等学校(茨城県)「achive5」
  • 準優勝:福島工業高等専門学校(福島県)「pops」

高校生eスポーツシーンでは盤石の地位を築きつつあるN高/S高が『リーグ・オブ・レジェンド』『クラッシュ・ロワイヤル』『VALORANT』部門で優勝、3冠を達成しました。ほかにもルネサンス大阪高等や佐藤学園ヒューマンキャンパス高等学校など、やはり高校対抗のeスポーツシーンでは通信制の高校がその強みを発揮する傾向があります。

stage0 歴代優勝高校

また、「プロの卵」が高校生シーンに出てきているのも大きな特徴。例えば『リーグ・オブ・レジェンド』部門優勝N1のmidであるrre選手などは、現在V3 Academy所属のプレイヤー。セミプロプレイヤーと言えます。eスポーツシーンの拡大を受けて、高校生シーンもそのレベルを年々高めてきています。アカデミープレイヤーを探すプロチームも注目する大会であり、プロへの道が開ける可能性があるという点では本当の意味の「甲子園」になりつつあるといっても過言ではないでしょう。

N高 rre

今回のSTAGE:0では『VALORANT』部門が開催されたのも注目です。学生向けの『VALORANT』大会はまだ数が少なく、正式に種目採用されることが今後、期待されます。現在もっとも勢いのあるタイトルと言えるだけに、学生シーンの成長にも注目です。

(C)© 2021 『STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 実行委員会』 ©Riot Games Inc. ©Epic Games ©Supercell Oy.

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

Home » 大会 » 日本の大会 » STAGE:0 » 高校生eスポーツ大会「STAGE:0 2022」終了。全国2,559チームの頂点、eスポーツ日本一の高校が決定

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事