スポンサーリンク

eSportsの中でも高い人気を集めているレーシングゲーム。

レースをよりリアルに体感できるのは魅力的ですよね!

この記事ではおすすめのeSportsレーシングゲームタイトルをご紹介していきます!

スポンサーリンク

グランツーリスモ(GRAN TURISMO)シリーズ

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

「グランツーリスモ」シリーズは、レーシングゲームタイトルとして有名な作品です。

ジャンルはドライビングシミュレーターとカーライフシミュレーターが合わさったようなもので、美しいグラフィックやリアリティのある挙動などがウリです。

初代タイトルが販売された1997年当時としては、画期的なゲーム性で、一躍注目のシリーズとなったのです。

そんな「グランツーリスモ」シリーズが、2017年に発表した新作が「グランツーリスモSPORT」です。

この「グランツーリスモSPORT」は、今、注目のeSports大会でも採用されているほどのタイトルです。

その特徴はeSportsに特化したモード、スポーツモードにあります。

これはオンライン専用のモードで、プレイヤーのドライビングスキルやレースマナーが評価の基準点となります。他のプレイヤーと対戦することに特化したモードであるため、e-sportsの大会にはまさにうってつけの遊び方だと言えます。

肝心のeSports大会ですが、FIA(国際自動車連盟)と「グランツーリスモ」が共同で開催している「FIA グランツーリスモチャンピオンシップ」というものがあります。

この大会には国や地域で争う「ネイションズカップ」、マニュファクチャラーと契約を結んで戦う「マニュファクチャラーカップ」の2種類あります。

流れとしては、まず「ネイションズカップ」のレース「ファイナルシーズン」で上位30名の選手を選び、次に「ワールドファイナル」に出場する10名を選出します。

その10名の選手で争い、国や地域の頂点に立つ「リージョンチャンピオン」を決めます。

そして、最後に「ワールドファイナル」で戦い、世界一のプレイヤーが決まるというわけです。

世界の頂点に立てば、「FIA GARA」で表彰式が行われます。

なお、賞金額は大会によりますが、秋葉原で行われたeSports大会では30万円の賞金が出ました。

スポンサーリンク

WRC(World Rally Championship)シリーズ

「WRC」は、FIA世界ラリー選手権から公認を受けているレーシングゲームです。

これまでにいくつものシリーズが発表されており、現実のWRCの再現度が高いことでも知られています。

オフィシャルコースを忠実に再現しているため、まるで本当にコースを走っているかのような感覚を味わえるのもウリの1つです。

「WRC」シリーズの新作「WRC7」は、e-sports向けのモードを搭載しており、ワールドシーズン中に世界中のプレイヤーと競うことができるのです。このモードについて解説する前に、詳しく説明しておかなければならないことがあります。2016年から開催されるようになった「eSports WRC」という選手権についてです。

「eSports WRC」は文字通りeSportsの大会で、リアルのWRCと同時に開催されるのが特徴的なイベントです。

現実のWRCとゲーム内の「WRC」のイベントが連動しており、大体同じ日程で進んでいきます。

当然、「WRC」シリーズのゲームを用いたeSportsの大会になっていて、「WRC7」に搭載されている新モードはこの大会のためだけにあるといっても過言ではありません。

「WRC7」内で開かれるオンラインイベントで好成績を残すことができれば、なんとオフラインの決勝大会に招待され、トップクラスのプレイヤーたちと対戦することができます。

ちょっとした判断ミスが勝敗の有無を左右する激闘のレースを勝ち抜き、見事チャンピオンの座についたものには驚きの商品がプレゼントされます。

たとえば、初代チャンピオンには「ヒュンダイi20」がプレゼントされました。競技専用車であるため、車ファンには堪らないものだと言えます。

このときは5,000人のプレイヤーが参加したそうですが、2018年からは日本からもエントリーできるようになったため、より多くのプレイヤーが参戦することになるでしょう。

スポンサーリンク

Formula Oneシリーズについて

「Formula One」シリーズはF1公認のゲームです。F1はモータースポーツの最高峰と呼ばれるレースで、その公認を受けている「Formula One」もクオリティが高いレースゲームだと言えます。

F1ですが、2017年からeSports大会に参入しています。大会の名前は「F1 ESPORTS Series」です。

F1公式のeSports大会であるため、その規模は大きめです。

使用タイトルは「Formula One」シリーズの1つ、「F1 2017」です。公式大会に参加するためには、資格を獲得する必要があります。

ゲーム内の公式ライセンスによる予選イベントを勝ち抜き、上位40名のプレイヤーだけがセミファイナルに参加することが可能です。

セミファイナルはオフラインのイベントになっていて、上位20名だけが決勝戦に行くことができます。第1回目の大会での決勝戦のイベントは、F1の決勝戦と同じ会場で開かれました。

F1決勝戦のプログラムの1つとして、「F1 ESPORTS Series」の決勝戦が組み込まれていたのです。

実際のF1会場でチャンピオンを決めるのですから、その臨場感は凄まじいものがあると言えます。

優勝者は「F1 2018」というゲームに「F1 ESPORTSチャンピオン・エキスパート」として登場でき、2018年の「F1 ESPORTS Series」のセミファイナルから参加することが可能となっています。

「2018 FIA F1 WOLRD CHMPIONSHIP」の招待券やペアのパドックパス、飛行機のビジネスクラスのチケットやホテルへの宿泊、2,000ドルなども優勝者には与えられます。F1ファンには嬉しい商品となっているため、賞金額は少ないですが、それ以上の喜びがあると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

レーシングゲームは人気ジャンルの1つでこれからますますさまざまなタイトルが出てくるかと思います!

さらに注目していきたいですね!

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事