スポンサーリンク

皆さんは、ゲームというとどういったジャンルのゲームを想像するでしょうか?

格闘ゲーム、シューティングゲーム、RPG…と実にいろいろな種類のゲームがありますよね。

今回紹介したいのは、「スポーツゲーム」というジャンルです。

サッカーや野球といったスポーツをゲームを通じて楽しむことが出来ます。

それでは、具体的にどういったゲームタイトルがあるのかも踏まえて見ていきましょう。

スポンサーリンク

「スポーツゲーム」って一体どんなジャンルのゲーム?

スポーツゲームは、テレビゲームの歴史の初期の頃から存在するもので、長く続いているゲームのジャンルです。
テレビゲームの性能が上がるに連れて、スポーツゲームも進化してきました。
テレビゲームの初期には、コンピューターを相手にするか、近所の友達を家に呼んで対戦でスポーツゲームをすることが多かったです。
最近では、インターネットのオンラインで対戦するスポーツゲームが多くなっています。
ゲームの環境の変化とゲームの高度な発達で、スポーツゲームでのeSportsが増えてきました。
スポンサーリンク

ウイニングイレブン(Winning Eleven)シリーズ

「ウイニングイレブンシリーズ」は、コナミが開発と販売をしているサッカーゲームのシリーズです。
1995年に第1作目である「Jリーグ実況ウイニングイレブン」が発売されてから、20年以上愛されている老舗のサッカーゲームとなっています。
当初は、Jリーグのチームのみが収録されたゲームでしたが、のちに世界中のクラブチームや代表チームが収録されるようになりました。
チーム数が一気に増え、「ウイニングイレブンシリーズ」は多くのゲーマーやサッカーファンに知られるようになりました。
平均して1年に1作のペースで、現在も「ウイニングイレブンシリーズ」は作られています。
人気は今も続き、「ウイニングイレブンシリーズ」のeSports世界選手権大会も開催されています。
「ウイニングイレブンシリーズ」のeSports大会は「PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF」を始めとして、今後も開催されていく予定です。
スポンサーリンク

実況パワフルプロ野球シリーズ

「実況パワフルプロ野球シリーズ」は、コナミデジタルエンタテインメントが発売している野球ゲームのシリーズです。
「パワプロ」という略称で親しまれています。
1994年にスーパーファミコンのソフトとして、第1作目「実況パワフルプロ野球'94」が発売されました。
その後、様々なゲーム機で発売されています。
基本的には1年に1回、データを新しくして、パワプロの新作が発売されています。
2016年には、8月26日が「パワプロの日」と日本記念日協会から認定されました。
そして、2017年には、eSports大会の「パワプロチャンピオンシップ2017」が開催されました。
この大会は、2018年まで続く本物のプロ野球のような、長丁場の大会でした。
今後は、日本野球機構との共同により、eSports大会が開催されることが発表されています。

FIFAシリーズ

Electronic Arts Inc.

「FIFAシリーズ」は、EAスポーツが開発・発売しているサッカーゲームのシリーズです。
1994年に第1作目が発売されて、現在も新作が出続けている老舗のサッカーゲームとなります。
老舗のサッカーゲームには、国内タイトルとして「ウイニングイレブンシリーズ」がありますね。
「ウイニングイレブンシリーズ」との明確な違いは、「FIFAシリーズ」が国際サッカー連盟(FIFA)の公認ゲームであることです。
FIFA公認のゲームなので、ゲーム中に出てくる選手などは基本的に実名になっています。
現在はJリーグのライセンスも取得しており、Jリーグのチームと選手も実名で出てきます。
2017年にドイツのベルリンで「FIFAシリーズ」の大会が開催されました。
2018年には、「FIFA18 ワールドクラスサッカー」のeSports大会をJリーグが開催するという発表がされました。
「FIFAシリーズ」のeSports大会は、世界中で徐々に広がっています。

海外のスポーツゲーム②:NBAライブ(NBA Live)

Electronic Arts Inc.

NBA公認のバスケットボールのスポーツゲームとしては、「NBA 2K」と「NBAライブ」のシリーズが代表的となっています。
「NBA2K」は2K Sports、「NBAライブ」はEAスポーツから発売されています。
EAスポーツは、1990年からバスケットボールのゲームを発売しており、バスケットボールのゲームでは長い歴史を持っています。
2017年にNBA公式のeSportsリーグとして、「NBA 2K League」が開催されると発表されました。
このeSports大会は、2K SportsとNBAの共同出資により開催されます。
「NBA 2K League」はトライアウトとドラフトを開催し、それからリーグが開催されるという長丁場の大会です。

まとめ

スポーツゲームは現在の高性能なゲーム機により、画質が向上し、現実にとても近いような複雑な処理をできるようになりました。
現在の高性能なスポーツゲームを、好んでプレイするゲームユーザーは、世界中に多くいます。
それにより、スポーツゲームは大きな売り上げを残しています。
しかし、スポーツゲームのeSports大会は、まだまだ小規模なものが開催されている段階です。
これから大規模なスポーツゲームのeSports大会が開催されるでしょう。
スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事