スポンサーリンク

12月22日、日本初となる高校生のeSports選手権のオンライン予選が開催されました。

12月22、23日はロケットリーグ部門の予選が行われ、勝ち上がった4組が3月に開催される決勝戦に進むことができます。

22日と23日に行われた熱い試合をレポートしていきます。

スポンサーリンク

ロケットリーグ部門1日目(12月22日)

ついに開催!

カウントダウン画面にCMが流れこのeSportの大会サポートしてくれるCMが流れ、定刻通りに配信が開始されました。

大阪のロックバンドBURNOUT SYNDROMESがこの大会の為に書いた爽やかなテーマ曲が流れはじめ、今回はMCを務めるのOooDaのあいさつで大会が始まりました。今回ロケットリーグの選手でもありアナリストを務めるyuhi、そしてゲーム大好きで本大会のスペシャルサポーターを務めるケインコスギも登場!

全員でこのeSports選手権を盛り上げていこうという熱意が伝わってきます。

大会の進め方

今回はA,B,C,Dブロックの4つに別れてトーナメント方式で行われます。各ブロックを勝ち上がったチーム4組が3月のオフライン決勝大会に進むことができるという形式。

Aブロックのトーナメント表

どのチームも健闘してほしい

オンライン予選ということで一試合目は同時に開始することが可能。そのため公式で配信されるのが1試合なのが残念。

ケインコスギがくじを引き配信される試合がきまります。

札幌大通INAKIN UNITED VS 岡谷工業 INCATに決定。

試合の実況はKokkenさんと数々のロケットリーグで入賞経験のあるdore52x選手が務めます。Kokken氏がdore52x選手が所属するチームJustice EsportsをJustice芸人と言い間違えて笑いを誘いますwww。

スポンサーリンク

第1回戦:札幌大通INAKIN UNITED VS 岡谷工業 INCAT

アクシデントにより第一試合を配信できなかったが(生配信ならでは)、札幌大通 INAKIN UNITEDが第一セットを奪います。札幌大通 INAKIN UNITEDが第2試合も勝つことができれば札幌大通 INAKIN UNITEDは1回戦突破だが、やはりここはスポーツと同じく全く展開が読めませんでした。

第2試合は札幌大通 INAKIN UNITEDが先制!このまま波に乗り一回戦突破かと思われたが、岡谷工業 INCATが同点に追いつきます!残り30秒を切ったところで岡谷工業 INCATのSLIME選手の活躍により逆転!

なんといきなり第3試合にもつれ込みます!

第3試合は猛攻を攻める札幌大通 INAKIN UNITEDとサイドから王道の攻めを見せる岡谷工業 INCATの一進一退の攻防が続きます。2:30回ったところで札幌大通のエースINAKINがセンタリングでシュート決めます!

このまま逃げ切りかと思われたが、残り40秒で岡谷工業もKAIMAN選手がシュートを決め試合も降り出しへ。熱い試合内容に「1回戦とは思えない熱い試合!」と思わず実況も叫びます!

時間切れになりそのままオーバータイムに突入。1点決まればそのまま試合終了というお互いがギリギリな状況へ!

お互い怒涛の攻めを見せるが、ゴール前浮かびが上がったボール、札幌大通 INAKIN UNITEDがブロックするが左よりが鋭いジャンプで岡谷工業のSLIME選手が攻めそのままゴールを決めました。

岡谷工業の最後まで攻める姿勢が勝利をもぎ取った瞬間でした。

第一試合から熱い展開に筆者も思わず声をあげてしまいました。

スポンサーリンク

第2回戦:鶴崎工業(大分) 雷切 VS 科学技術(兵庫)KGC

2回戦の配信は鶴崎工業(大分) 雷切 VS 科学技術(兵庫)KGC。

この試合はお互いにトリックなプレイが続く試合展開!KGCが抜群のチームプレイで、右からのクロスから合わせたシュートで先制!だがすぐに鶴崎工業 雷切のARODRA選手が1点取り返します。

さらにチームプレイからのトリックなシュートでディフェンダーの裏をかきKGCが差をつけるが、まだ終わりません。

雷切のエースAroDra選手が華麗な個人技でシーリングショットで一気に追いつく展開へ!

AroDra選手のシーリングショット

AroDra選手のシーリングショットはハイライトだった

ここで流れを掴んだのかKGCに追いつかれるも、ここでもAroDra選手がシュートで同点決めます。さらにエースストライカーともいえるAroDra選手がゴール前でKGCのマシン3台を翻弄、そして絶妙なアシストを上げGORIRA選手が力強く飛び込み勝ち越しのシュートを決めます。

10秒切ったところKGCがカウンター!だが、抜群のチームワークでGORIRA選手がすでにディフェンスに回っており見事なブロック!ここで試合終了!

第2試合も両者果敢に攻めるも鶴崎工業 雷切はチームワークとコミュケーションがとれていたのでしょう。エースストライカーAroDra選手が前方で鬼神のように攻めてかわりにチームメイトのGORIRA選手とイソR選手のどちらかがアシスト、どちらかがディフェンスに回るというチームワークでKGCに攻める隙を与えません。

そして一瞬の隙をついたGORIRA選手の抜群のマシンコントロールでドリブルからのシュートを決めます。これが決勝点となり、ナイスブロックを決めたイソR選手の活躍で1点も与えずに勝利しました。

第3回戦:佐賀県県立鹿島 OLIPiXと愉快な仲間たちVS京都産業大付属 NHZ

佐賀県県立鹿島 OLIPiXと愉快な仲間たち京都産業大付属 NHZ

序盤から佐賀県県立鹿島 OLIPiXと愉快な仲間たちがOLIPiX選手を起点とした素晴らしいチームプレイで次々とシュートを演出。一貫して攻め続ける京都産業大付属 NHZを翻弄します。

ロケットリーグは攻め続けることが有利と言われるゲーム。オフェンスの連携がしっかり取れていれば相手をディヘンスに釘付けにしてブーストゲージを減らしてブロックに必要なジャンプを妨害できます。

圧倒的な試合展開で第1試合をOLIPiXと愉快な仲間たちが先取。

第2試合も猛攻の攻めで得点を重ねていくOLIPiXと愉快な仲間たち。中でもチームメイトのRON-NEX選手が8得点もする大健闘。解説も「RON-NEXと愉快な仲間たちでも良いんじゃないか。」と言わせるぐらいのプレーをみせた。

終わってみると10点も取る圧倒的な試合内容でOLIPiXと愉快な仲間たちがCブロックの決勝戦まで駒を進めました。

1日目の結果

1日目のトーナメン表の結果

1日目の熱闘を終えて

配信された試合はレベルが高く見応えのある試合でした。アナリストや解説も明日の決勝が楽しみだと言っていました。

オフライン決勝戦に進めるチームが決まる明日の試合も見逃せません!

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事