コロナ禍で、社会全体が一変してしまったと言っても過言ではありません。では、eスポーツは、どう変わったのでしょうか。そして、ウィズ・コロナ、アフター・コロナの時代、eスポーツはどのように発展していくのか、読み解いてみましょう。

大会は軒並み、中止・延期・無観客・オンライン化

長引く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、2020年後半も、市場に影響を及ぼし続けています。eスポーツの大会は、中止、延期、無観客、オンライン化といった対策がとられました。

世界的な大会である「Fortnite World Cup」「Rainbow Six Siege プロリーグ」「ポケモンワールドチャンピオンシップス」は中止。「EVO」は、オンライン化が予定されていましたが、その後に中止されました。

「IEM」は、開催直前に地元当局の要請により、無観客試合への変更がドタバタと決まりました。

「オーバーウォッチリーグ」は、オンラインで開催されました。

LoL プロリーグは延期。The Internationalは無期限延期となっています。

日本でも「ポケモンジャパンチャンピオンシップス」が中止になり、「STAGE:0」(ステージゼロ)は、オンラインで行われました。

従来スポーツのeスポーツ開催が加速

以前から、ファン層の拡大等の目的で、従来のスポーツ界がeスポーツを行うということはありました。しかし、今回のパンデミックでは、メインのフィールドでは、ほとんど何も出来ずに手をこまねくばかりで、野球、サッカー、バスケットボール、テニスといった競技のチームや選手が、積極的にeスポーツを行っていす。

例えば、テニスのチャリティー大会「Stay at Home Slam」では、錦織圭とスティーヴ・アオキ(音楽)、大坂なおみとヘイリー・ビーバー(モデル)、セレナ・ウイリアムズとジジ・ハディッド(モデル)、ビーナス・ウイリアムズとデアンドレ・ホプキンス(アメフット)、マリア・シャラポワとカーリー・クロス(モデル)等の豪華ペアが出場して、Nintendo Switchの『マリオテニスエース』をプレイして盛り上がりました。

パンデミックで、結果的に従来のスポーツとeスポーツの距離が、さらに近くなったのではないでしょうか。

COVID-19パンデミックでeスポーツは苦戦も、中期的には成長軌道へ

ゲーム専門の調査や分析を行うNewzooは、今回のパンデミックに伴い、eスポーツ予測を下方修正しました。eスポーツの世界市場は、2020年に9億7390万米ドル(約1033億円)、2021年に11億980万米ドル(約1177億円)になると予測されています。

2018年の7億7640万米ドル(約823億円)から2019年9億5750万米ドル(約1015億円)へと23.3%増加したのに対し、2019年から2020年は1.7%増と、ほぼ横ばいで推移すると予測されています。また、2023年には15億9820万米ドル(約1695億円)と、中期的には再び成長軌道に戻ると予想されています。

2020年の世界のゲーム市場は、1,593億米ドル(約16兆8960億円)の収益で、前年比9.3%増の成長が見込まれています。ゲーム市場が順調に成長する中で、成長率の高かったeスポーツが苦戦しています。ゲーム業界全体としては、巣ごもり特需の恩恵を受けた一方で、eスポーツ界は、大会が開催できずに苦戦を強いられたという構図が見て取れます。

しかし、一般スポーツでは、試合をオンラインで行うことが出来ないため、有効な対策がほとんどない状況で、経済的にも苦境に追いやられたのに比べれば、eスポーツは軽症で済んでいると言うことが出来るでしょう。

オフライン大会が、社会的距離で変化

eスポーツ界は、大会をオンライン化する等して、どうにかコロナ禍を乗り切る見通しもつきました。しかし、オフラインの大会会場に大勢の人が集まって固唾を呑んで観戦し、声援が湧き上がる、従来のスポーツのような独特の雰囲気と緊張感というものが、eスポーツ・シーンを盛り上げてきたことは、否定できません。

感染拡大を予防するには、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を保ち、3つの密(密閉・密集・密接)を避けることが、重要だと言われていま活動を再開した従来のスポーツでは、観客を入れる場合も、十分なスペースが確保できるように、収容人数に制限が加えられています。この人数制限は、今後、eスポーツ業界でも行われる可能性があり、中長期的に、大会プログラムの計画、会場の設計、収益構造といったものに影響を及ぼすことになるでしょう。

世界保健機関(WHO)によりパンデミックに認定された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界中であらゆるものごとに影響を与え、休校、実店舗の営業自粛や営業禁止、ロックダウン(都市封鎖)、等々が行われています。日本では、2020年の東京オリンピックが、2021年に延期されたことが注目を集めました。

現在、世界各地で、ワクチン開発が急ピッチで行われており、一定の成果も報告されています。少しでも早く収束に向かい、再び感染症の心配なく、人々がeスポーツに興じることが出来る時代が訪れることを願わずにはいられません。

参照:
https://newzoo.com/insights/articles/esports-market-revenues-2020-2021-impact-of-covid-19-media-rights-sponsorships-tickets/
https://newzoo.com/insights/articles/newzoo-games-market-numbers-revenues-and-audience-2020-2023/

(C)© Newzoo

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事