VALORANT VALORANT Champions Tour Masters 2021

VALORANT』初の公式世界大会、その地域予選となる『2021 VALORANT Champions Tour Challengers Japan』のWeek3が先週末に終了しました。これをもって2021年最初のChallengersは終了となり、引き続きMastersが開催されることになります。

Week3の本戦に参加したのは以下の8チーム。

グループA

  1. REJECT
  2. Lag Gaming
  3. Novagis Gaming
  4. SCARZ

グループB

  1. FENNEL
  2. CNCI BLUE BEES
  3. Sengoku Gaming
  4. Hexad

 

上記は順位順となっており、それぞれのグループの上位2チームがMastersに進出することになります。Week2の結果と合わせて、Mastersに進出するのは以下の8チーム。

Week 2グループA

1Absolute JUPITER

2FIRST Gaming

Week2 グループB

1Crazy Raccoon

2FAV Gaming

Week3 グループA

1REJECT

2Lag Gaming

Week3 グループB

1FENNEL

2CNCI BLUE BEES

 

これらの8チームが参加するMasters313日から2週間(土日)に渡って開催される予定となっています。今回のMastersはオンラインでの開催となり、総当たり戦ではなくChallengersの結果でシード分けされたトーナメント表によるダブルエリミネーションのトーナメントとなります。試合形式はBO3、決勝のみBO5で、賞金総額500万円も用意されています。また、Mastersでの結果にも応じて世界大会の最終イベントであるChallengersへの参加資格の基準となるポイントが付与されます。Mastersは計3回開催される予定ですが、今回初のMastersを勝利するチームは世界大会の参加切符争奪戦で一歩リードということになります。

Mastersはもう今週末に開始予定ということで、『VALORANT』競技シーンは非常に濃密なスケジュールで盛り上がっています。世界と競える日本のチームはどこなのか。シーン全体が注目しています。

(C)©Riot Games Inc.

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事