今月開催予定であったベルリンでの「ポケモンヨーロッパインターナショナルチャンピオンシップス」が中止になって間もないですが、世界大会でもある「ポケモンワールドチャンピオンシップス2020」(以下、PWCS2020)もCOVID-19の影響で中止となることが331日に発表されました。また、ヨーロッパに引き続き北米のインターナショナルチャンピオンシップスも中止となります。 

今回の決定は延期ではなく中止であり、Play! Pokémonの主催する全てのイベントがキャンセルとなります。今シーズンはこれ以降一切のチャンピオンシップポイントの変動はなくなり、これまでに得たチャンピオンシップポイントは来年に持ち越しとなります。

なお、弊サイトで度々取り上げている「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2020」ですが、現在オンライン予選である「2020 International Challenge」が開催中となっています。こちらの予選が終わると627日から28日にかけてパシフィコ横浜にてオンラインの決勝が開催される予定なのですが、現状では中止または延期になる可能性が非常に高いといえるでしょう。中止の際にオンライン予選がどういう扱いになるかはわかりませんが、近いうちに詳細の発表があると考えていいでしょう。

『ポケットモンスターソード・シールド』は現在国内でも対戦が盛んなゲームであり、またきたる6月に拡張の発売も控えているだけに非常に残念なニュースではありますが、COVID-19を取り巻く現在の世界状況を踏まえると仕方がない決定と言えます。

PJCS2020に関しては、詳細が入り次第記事を掲載予定です。

 

(C)©Pokémon Company

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事