48982114 - top view of three young people playing cards at sidewalk cafe. young people sitting around a coffee table and playing card game.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 e-sportsの競技として開催されているTCG(トレーディングカードゲーム)/OCG(オフィシャルカードゲーム)

eスポーツは格闘ゲームやチームで砦を攻略するというゲームや銃アクションのゲームだけを指す言葉ではありません。

TCGやOCGと言ったカードゲームもeスポーツのカテゴリに入っています。

更に、競技人口がかなり多く、初心者でもeスポーツの選手になりやすいとして、手軽に始める人が多いゲームでもあります。

TCG、OCGと言っても、机を並べてお互い向き合いリアルにカードを使って対戦するというのではなく、デジタルゲーム内での対戦となっており、プレイもスマートフォンで出来るくらい手軽です。

基本無料で始められますし、デッキもスマートフォン内で組めます。

eスポーツとしての競技性もきちんとあり、大会は開かれる度に常に盛り上がりを見せています。

選手にとっても利点が沢山あり、特に言われているのが賞金の額です。

eスポーツ大会の賞金は年々高額になっていきますが、特にカードゲームはその賞金がかなり多く、強くなれば一攫千金も夢じゃ無いです。

スポンサーリンク

ゲームタイトル①:Shadowverse(シャドウバース)

eスポーツ大会をよく開いていて、日本で一番の人気となっている作品がShadowverseです。

Shadowverseはサイゲームが運営、提供しているスマートフォンやPCからプレイ出来るTCG、デジタルの場合DCGと呼ばれているカードゲームです。

細部にまで拘った綺麗なイラストが特徴であり、イラストだけを目的でカードを集めているという人も多くいます。

eスポーツ用TCG、DCGとしては1番賞金が豪華という所を最大の売りとしており、とある大会では日本円で1億円以上の賞金を出した事もあるほど羽振りの良いゲームでもあります。

更に、eスポーツ大会を自社のコンテンツで実況中継を毎回してくれており、その都度、代表の方や優勝した方へのインタビューも行ったりしていて選手へのリスペクト精神も強いです。

イベントなどでも毎回呼ばれたりしますし、Shadowverseユーザーだけでなくネット内でもかなりの有名人になれます。

日本人が多い故に、日本人が1番勝ちやすいという点もあり、eスポーツの中も比較的トップを目指しやすいです。

スポンサーリンク

ゲームタイトル②:Gwent(グウェント ウィッチャーカードゲーム)

カードゲームというと、運の要素が常に付きまとうイメージを持つ人は多いですが、このGwentは違います。

カードゲームの中でも最も運の要素が低く、完全に自分の技量が勝負を左右するというカードゲームとなっています。

Gwentは海外での人気が強いデジタルTCG、つまりDCGであり、日本でもプレイは出来ますが、攻略サイトや公式の情報は基本的に英語で説明されています。

プレイヤーも外国の人ばかりですし、日本の初心者は始めるだけでも結構大変だったりします。

しかし、カードゲームの面白さ、そして競技性の奥深さは圧倒的で、勝利した時の喜びは他のゲームの比では無いです。

カードの戦略もかなりの数があり、運の要素が無いので囲碁や将棋に近い戦略や戦術の練り方をする必要がありますが、それがまた面白さの一つとなっています。

更に、大会賞金も高額で、1万ドルを出した大会もあり、優勝したら世界中の人々から賞賛されます。

プロを目指すのはかなり大変ですが、目指す価値は充分あります。

ゲームタイトル③:Duelyst(デュエリスト)

カードゲームの良さとチェスなどのボードゲームの良さを掛け合わせた、全く新しい斬新なカードゲームなのがDuelystというゲームです。

eスポーツ大会ももちろん開かれており、かなり盛り上がっています。

デジタルのTCGよりもボードゲームの方が得意という人がプレイしやすいのが特徴であり、カードゲーム故に戦略の幅も広くて、長く楽しめるようになっています。

カード自体も、スマートフォンゲームやこの手のゲームでは珍しく、無課金もしくは課金をあまりしないで強いカードが集められるという、無課金や微課金ユーザーにも優しい所があり、課金したら強くなる風潮というのを嫌う人にもおすすめでもあります。

運要素がそこまで低いわけでも無いですが、カードゲーム特有ののお金をかけたら強くなるという所を抑えているのがプレイ人口にも反映されているタイプのゲームと言えます。

海外で作られ、運営されているゲームであるので、eスポーツ大会も海外で沢山開かれていますが、日本のユーザーも大切にしてくれており日本語のサイトも結構充実しています。

大会には賞金も出ており、一攫千金を目指す人もいます。

ゲームタイトル④:Hearthstone: ハースストーン

世界で今1番人気があり、そしてデジタルのTCGeスポーツ大会でも1番の観客動員数を誇っているのがHearthstoneというゲームです。

Hearthstoneは海外で生まれたスマートフォン、PC用のカードゲームであり、数多くのカードを掛け合わせたりして使う対戦が最大の魅力となっています。

もちろん魅力はそれだけでなく、デジタルTCGプレイヤーの人口が世界一という所や、更新頻度が高く、強すぎるカードへの対策の素早さや運営の質の良さなども大きな魅力となっています。

この手のスマートフォンやPC用のゲームは運営が常に批判されがちですが、Hearthstoneはその点が少なくストレスフリーでプレイ出来るようになっています。

eスポーツ大会もきちんと運営してくれており、大規模な大会も常に開催されています。

日本のユーザーが代表で出てくる事もあり、ネットでの注目度も高いです。

賞金もかなりの額が出ており、優勝すれば一生生活に困らないとまで言われています。

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事