スポンサーリンク

eSportsにもさまざまなジャンルのゲームが存在しています。

そのタイトルを評価する、格付けするのが「ESPORTS GAMES TIERS 2018」です!

この記事では、「ESPORTS GAMES TIERS 2018」の詳細について触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

ESPORTS GAMES TIERS 2018の概要

e-sportsのデータサイト『SmartCast』が2018年6月11日に発表した、最新のe-sportsタイトル格付け『ESPORTS GAMES TIERS 2018』をご紹介します。

ESPORTS GAMES TIERS 2018は、以下の3つの要素を基準にゲームタイトルを格付けしています。

  • 賞金総額
  • 月間視聴時間
  • SNSファン数(Facebook、Twitter、YouTube)

この3つを基準にしてTier1からTier3にランク分けしています。

全ての情報を正確に把握することは難しい為、あくまで3つを基準とした大まかな分類です。

Tier1に格付けされるゲームタイトルは、賞金総額が多く、よく視聴されていて、ファンも多いゲームです。

賞金がいくら多くても、残り2つが足りなければ、ランクは低くなります。

つまり、企業がいくら力を入れて賞金を出しても、それだけでは上位に格付けされないのです。
格付けに使われた正確な数字は未発表の為、大まかな目安になるように別サイト『e-Sports Earnings』の賞金総額ランクも一緒に紹介させていただきます。
参照:https://www.esportsearnings.com/games

スポンサーリンク

ESPORTS GAMES TIERS 2018のTier1の指標とタイトル

Tier 1の指標

  • 賞金総額:500万ドル以上
  • 月間視聴時間:2,000万時間以上
  • ソーシャルファン数:900万登録以上

Tier 1のタイトル

  • Counter-Strike: Global Offensive:賞金総額$6204万0,956.58(2位)
  • Dota 2:賞金総額$1億6969万9,456.45(1位)
  • League of Legends:賞金総額3位 $5656万9,724.66(3位)
  • Fortnite Battle Royale:賞金総額9位 $1022万3,082.86(9位)
  • Overwatch:賞金総額8位 $1120万9,583.60(8位)
  • Hearthstone:賞金総額6位 $1420万5,717.46(6位)

2017年の4タイトルから6タイトルに増えています。

Overwatch、Fortnite Battle Royaleの2つが新たに格付けされました。

同じランク内でも、Dota 2の勢いが凄まじいです。

他のタイトルも大規模な拡大をみせており、これからのe-sportsを先導していくことになりそうです。

スポンサーリンク

ESPORTS GAMES TIERS 2018のTier2の指標とタイトル

指標

  • 賞金総額:150万ドル以上
  • 月間視聴時間:200万時間以上
  • ソーシャルファン数:300万登録以上

タイトル

  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS:賞金総額$657万7,834.64(13位)
  • Call of Duty: WWII:賞金総額15位 $443万8,433.83(15位)
  • FIFA18:賞金総額$221万6,409.74(29位)
  • SMITE:賞金総額$855万0,112.75(10位)
  • StarCraft II: Legacy of the Void:賞金総額$2765万8,841.81(4位)
  • Heroes of the Storm:賞金総額$1463万3,269.93(5位)
  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege:賞金総額$223万4,994.55(28位)
  • NBA 2K18:賞金総額$40万0,000.00(75位)

Tier 2は7タイトルから8タイトルに増えました。

2タイトルがTier 1にランクアップし2タイトルがダウンしたので、新タイトルは4つもあります。

FIFA18、PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS、Tom Clancy’s Rainbow Six Siege、NBA 2K18です。

Tier 1に比べて動きが激しいですね。

発売間近のタイトルが多いので、さらに発展が望めそうです。

ESPORTS GAMES TIERS 2018のTier3の指標とタイトル

指標

  • 賞金総額:50万ドル以上
  • 月間視聴時間:20万時間以上
  • ソーシャルファン数:100万登録以上

タイトル

  • Clash Royale 賞金総額$118万9,852.37(40位)
  • STREET FIGHTER V 賞金総額$62万0,248.88(55位)
  • Rocket League 賞金総額$264万2,135.72(24位)
  • TEKKEN 7 賞金総額$49万5,599.61(64位)
  • HALO5 賞金総額$677万1,480.97(12位)
  • World of Tanks 賞金総額$365万6,496.59(20位)
  • DRAGONBALL FighterZ 賞金総額不明(ランク外)
  • Gears of War ULTIMATE EDITION 賞金総額$170,000.00(96位)
  • Super Smash Bros. Melee 賞金総額$272万5,909.88(23位)
  • H1Z1 賞金総額$206万7,122.00(30位)
  • Quake Champions 賞金総額32位 $1,795,704.14()

Tier 3は、6タイトルから11タイトルに増加、前回と同じタイトルはRocket LeagueとSuper Smash Bros. Meleeの2つのみです。

ダウンのWorld of Tanksを除いて、8タイトルが新たに格付けされました。

人気タイトルの移り変わりが激しいe-sportsを象徴するかのようなランクになっています。

日本eスポーツ連合がライセンス認定しているタイトル

  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege (Tier 2)
  • Call of Duty: WWII (Tier 2)
  • STREET FIGHTER V (Tier 3)
  • TEKKEN 7 (Tier 3)
  • Winning Eleven 2018
  • パズドラ
  • ぷよぷよ
  • モンスターストライク

日本eスポーツ連合がプロライセンス対象としているタイトルは、上記の8タイトルになります。

Tier 1は0、Tier 2が2タイトルにTier 3が2タイトルと少し寂しい結果となっています。

これから、もっともっと増えていってほしいですね。

そのためには、国産タイトルも重要ですが、Tom Clancy’s Rainbow Six SiegeとCall of Duty: WWII以外の海外タイトルの認定も必要になります。

年々基準が上がっていくにも関わらず、認定タイトル数が増えていくESPORTS GAMES TIERSは、eスポーツがそれだけ盛り上がっている証拠です。

日本も負けずについて行きたいですね。

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事