『リーグ・オブ・レジェンド』や『VALORANT』で知られるライアットゲームズの開発したデジタルカードゲーム「レジェンド・オブ・ルーンテラ」(以下、LoR)の、賞金付き公式大会が発表されました。LoRの大規模な公式大会は5月に行われた「MIND MASTERS」ぶりとなります。

「シーズントーナメント」開催概要

シーズントーナメントはすべてゲーム内にて、完全オンラインで開催されるトーナメント大会となっています。大会は4つのリージョンに分けて行われ、リージョンはそれぞれアメリカ、ヨーロッパ、アジア、東南アジアとなっています。各リージョンでは1024名のプレイヤーがトーナメントに参加可能となっており、2日間かけて優勝を決定します。

シーズントーナメントはその名前の通り今後シーズンごとに行われることが決定していますので、2ヶ月ごとに開催される頻度の高い大会となっています。

シーズントーナメントへの参加資格を得る1024名は、「ランク」と「ガントレット」の二種類によって決定されます。まずランクですが、ランクシーズンごとにラダーのランキング上位700名に入っているプレイヤーには自動的に参加権が与えられます。ガントレットではシーズンの最後、トーナメント前に「ラストチャンスガントレット」と呼ばれる大会が開催され、7勝を達成したプレイヤー先着324名にシーズントーナメントの参加権が与えられることになります。

「ラストチャンスガントレット」の具体的な仕組みはまず、シーズン中に毎週開催されるガントレットにおいて初挑戦時に7勝を達成すると「至上の栄光」と呼ばれるトークンを獲得します。これは最大5つまで獲得可能です。ラストチャンスガントレットではこの「至上の栄光」も1勝としてカウントされ、「至上の栄光」と合計して7勝を達成することで参加資格を得ることができるというわけです。つまり、シーズン中のガントレットで良い成績を獲得すればするほどラストチャンスガントレットでも有利になります。

実際のシーズントーナメントのフォーマットは、まず初日にBO3によるスイスドローを5回戦分行い、上位32名が2日目に進出します。ファイナリストたちは1週間後にシングルエリミネーションのトーナメントで競い合い、優勝を決定します。

スケジュール

第一回のシーズントーナメントは今月15日に実装されたシーズン「力のモニュメント」の終了時となります。初日は2020年12月6日、ファイナルが13日の予定となっていますが、これは変更の可能性もあります。

賞金・賞品

優勝者には1万ドル(約105万円)の賞金が用意されています。2ヶ月おきに開催される大会としてはかなり多い方と言えるでしょう。また、32名のファイナリスト全員に賞金が約束されているようですが、詳細は不明です。賞品としては3勝を達成すると限定カードバック、そして参加者全員に限定アイコンが配布される予定となっています。

LoRはまだプロも少ないですが、ライアットゲームズのタイトルということでこれから伸びることはほぼ間違いないでしょう。来年には世界大会の発表も期待できると思われます。LoRシーンにはこれからも注目です。

(C)©Riot Games Inc.

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事