『オーバーウォッチ』、2020年の総決算でもある「オーバーウォッチリーグ2020 プレーオフ」の決勝が今月開催されました。ファイナルまで残った4チームのうち、見事優勝を勝ち取ったのは北米のSan Francisco Shock。去年に引き続きの二連覇となりました。

オーバーウォッチリーグ2020プレーオフ 結果

優勝: San Francisco Shock

準優勝: Seoul Dynasty

3位: Shanghai Dragons

4位: Philadelphia Fusion

2020年の『オーバーウォッチ』はバランス調整によって非常にメタが変化しており、スタープレイヤーであるSinatraa選手がシーンから引退するなどShockにとっても激動のシーズンでした。そんな中でもShockは北米リージョンにおいて通常シーズンを25-3という非常に優秀な成績で終えており、欧米圏からの期待は非常に高いチームでした。

実際のファイナルではアジアの強豪チームであるDynastyDragonsをどちらも3-2で破り、決勝では敗者ブラケットから勝ち上がってきたDynastyと再戦。2-2の接戦から2本連取で4-2のスコアで優勝を決めました。

オーバーウォッチリーグは賞金総額300万ドル(約3.1億円)にも及ぶ大会であり、優勝のShockには150万ドル、以下準優勝には75万ドル、3位には45万ドル、4位には35万ドルの賞金が贈られています。

ここ2年の結果を受けて『オーバーウォッチ』コミュニティではShockこそがこのタイトルの歴史上最も強いチームであるという意見が高まっています。来年度リーグでもShockが王座に輝くのか、来年のシーンからも目が離せません。

(C)©Blizzard Entertainment

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事