スポンサーリンク

ゲームと一言に言ってもさまざまなジャンルがあります。

その中でも特に人気なのが、やっぱり格闘ゲームです!格闘ゲームはみんなでワイワイ対戦もできて、操作もシンプルなので人気のゲームジャンルなんです。

 

そんな人気の格闘ゲームの世界規模で行われている「EVO2018」についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

EVOとは何か?

EVOとは、格闘ゲーム大会のことで「Evolution Championship Series」の略称です

EVOは、Shoryuken.comで働いていたトニー・キャノンによって、1995年にカリフォルニア州で前身となる「Battle by the Bay」が開催されました。

2003年から現在の「EVO」という名称が用いられ、アメリカ合衆国で最大級の対戦型格闘ゲームの大会なっています

大会が始まった当初は、

  • スーパーストリートファイターII X -Grand Master Challenge-
  • ストリートファイターZERO 2

と、「ストリートファイターシリーズ」のみを種目としていましたが、今では、何種類もの対戦型格闘ゲームが同時に行われている大きな大会なります

開催される格闘ゲームのタイトルは毎年変更されトーナメント方式で行われます

初年度の大会参加人数は40人程でしたが2018年度では世界で約7,000人もの人がこの大会に参加しました。

世界各国から強豪プロゲーマーがこの大会に集結し腕を競い合う、数あるゲーム大会の中でも注目度の高い大会なっています

スポンサーリンク

EVOで採用されたゲームタイトルは?

大会初年度の1995年に採用されたゲームは、日本発の格闘ゲーム「ストリートファイター シリーズ」のみでした。
しかし、採用されるゲームタイトルは年々増加しており、2018年に開催された「EVO2018」では複数のゲームタイトルが採用されています。
メイン種目の一つは昔から不動の人気を誇る格闘ゲームストリートファイターシリーズの「ストリートファイターV アーケードエディション」です
日本発の対戦型格闘ゲームの中でも不動の名作とされており自身が操作するキャラクターが、相手のキャラクターの体力ゲージを0にすれば、勝利なります
キャラクターにより特有の必殺技があり、必殺技を繰り広げるためのボタン操作が勝負の鍵なります
今大会より新しく採用されたゲームタイトルは、「ドラゴンボールファイターズ」です
アニメ、漫画で世界中で人気を誇る「ドラゴンボール」の世界で繰り広げられる2D対戦格闘ゲームです
ドラゴンボールの悟空やフリーザなど、おなじみのキャラクターを操作して相手の体力ゲージをゼロにすれば、勝利となります
キャラクターの必殺技を駆使して、コンボを狙い、戦います
「鉄拳7」は、シリーズ累計4,400万本にもなる対戦格闘アクションゲームです
相手の体力ゲージがゼロになれば、勝利です
ボタンの組み合わせでコンボを発動し相手を倒しましょう
スポンサーリンク

大会の結果は?

EVO eSports

「ストリートファイターV アーケードエディション」の優勝はイギリスの「ProblemX」選手でした。

前年度優勝者の日本の「ときど」選手は、惜しくも2位の結果に終わりました。

「ドラゴンボールファイターズ」はアメリカの「SonicFox」選手が優勝しました。

日本の「GO1」選手も決勝で健闘しましたが、「SonicFox」選手の3連勝で幕がおりました。

日本勢が2位〜5位を締め、強さを見せつけました。

 

「鉄拳7」は韓国の「LowHigh」選手が優勝し、昨年の鉄拳ワールドツアー王者である「qudans」選手が2位となりました。

「大乱闘スマッシュブラザーズDX」の優勝はスウェーデンの「Leffen」選手、「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」はアメリカの「Lima」選手が優勝しました。

また、「BLAZBLUE -CROSS TAG BATTLE-」は日本の「へいほぉ」選手が優勝を手にしました。

まとめ

毎年夏に開催される、熱い格闘ゲーム大会であるEVO
格闘ゲームのユーザーであれば、観戦するだけでも盛り上がることは間違いありません
世界最大級の格闘イベントというだけあり2018年大会では世界各国60を超える国から7,000人を超えるゲーマー達が集結し白熱した戦いが繰り広げられました
eSportsの成長に伴い今後、格闘ゲームも競技人数が増えて、さらに熱く興奮冷めやらない戦いが、今後もEVOで観れることでしょう
スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事