スポンサーリンク

パズドラチャレンジカップとは?

パズドラチャレンジカップはアマチュア選手が集結し、パズドラプロライセンス認定をかけた全国大会です。

賞金はありませんが、上位入賞者はプロライセンス認定権利が与えられます。しかしプロライセンスを獲得すると賞金総額2000万円のパズドラチャンピオンズカップに参加することができます。

パズドラチャレンジカップには予選大会と決勝大会があり、どちらもオフライン大会です。

予選大会は全国に会場があり、自身が参加しやすい会場で参加することができます。

決勝は幕張メッセで予選を勝ち抜いた猛者たちが熱い戦いを繰り広げます。

対戦の結果はサイトまたはYouTubeのパズドラ公式チャンネルで見ることができます。気になる方は是非見てみましょう。

パズドラチャレンジカップ2019 開催概要

大会フォーマット

予選大会

324日から519日にかけて各地域にて予選大会が開催され、それぞれの大会にて個別に定められた人数枠分のプレイヤー、計16名が決勝大会へと進出します。予選大会の開催場所は以下の通り。

イオンモール高岡(富山)

イオンレイクタウンkaze(埼玉)

サッポロファクトリー(北海道)

イオンモール常滑(愛知)

FISE HIROSHIMA 2019(広島)

イオンモール京都桂川(京都)

イオンモール筑紫野(福岡)

イオンモール新潟南(新潟)

イオンモール名取(宮城)

ヨシモト∞ドーム(東京)

参加は(プロ認定を受けていないアマチュアなら)誰でも可能で、参加費も無料となっています。

予選大会の試合ルールは一次予選と決勝トーナメントで異なっています。一次予選は専用の『パズドラレーダー』スコアアタックダンジョン「パズドラチャレンジカップ2019」によるスコアアタック勝負となっています。制限時間は5分で、合計スコアが同じ場合はクリアタイムが早いほうが勝利となります。

決勝トーナメントは『パズドラレーダー』の「部屋を作ってバトル」を利用した対戦となっています。1次通過した時点で4つのチームを登録する必要があり、そこからチームを一つずつ選んで2本先取のバトルを行います。

決勝大会

決勝大会は526日に幕張メッセにて行われます。試合フォーマットは予選大会の決勝トーナメントと同じく、勝ち抜き制のトーナメントで、『パズドラレーダー』のバトルにて勝敗が決まります。

賞品

パズドラチャレンジカップはまだプロ認定を受けていないアマチュアが、プロになるための登竜門として開催されている大会です。そのため、賞金等は出ませんが、上位入賞者にはプロライセンスの認定権利が与えられます。プロライセンス認定権利は、第3位までに与えられ、プロ限定の「パズドラチャンピオンカップ」への出場権利を得ることができます。

なお、これとは別に予選大会にも賞品が用意されています。まず参加賞としてはモンスターメモリー第1弾~第5弾までのいずれか1パックが配布されます。決勝大会優勝者には大会記念メダルと好きなモンスターのパズドラ名刺が贈呈され、準優勝者にもパズドラグッズが賞品として提供されます。

結果

2019年のパズドラチャレンジカップはけーぱ選手の優勝で幕を閉じました。準優勝はゆーふぉ選手、第三位はデーデ選手となっており、これらの3人のプレイヤーにはパズドラのプロライセンスが発行されることになります。

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事