スポンサーリンク

モナコにてグランツーリスモSPORTとFIA グランツーリスモチャンピオンシップ2018 ワールドファイナルが2018年11月17〜19日開催されました。世界チャンピオンを決める本大会は、世界各国の最速のトップドライバーたちが集結し大会で熱いレースを繰り広げました。

今回は大会結果、初代FIAグランツーリスモチャンピオンシップ優勝者など紹介していきます。

スポンサーリンク

 グランツーリスモSPORTとは?

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

今回の大会に使用されたグランツーリスモSPORTは大人気シリーズのグランツーリスモシリーズの最新作になります。

最新機種ならではの圧倒的なグラフィック、実際の車両を150台以上収録、さらには最新の車両挙動シミュレーションを搭載している最新作です。

 

今回のグランツーリスモにはオンラインモード2つのカップがありネイションズカップとマニュファクチャラーファンカップになります。今大会は世界一を決める初めての世界大会です。

スポンサーリンク

マニュファクチャラーファンカップの世界一は?

個人戦であるネイションズカップに先立ち前日である現地時間(モナコ)11/17にマニュファクチャラーファンカップの世界一を決める決勝ラウンドが開催されました

マニュファクチャラーファンカップ

マニュファクチャラーファンカップでは、プレイヤーがひとつのマニュファクチャラーをチョイスし、チャンピオンシップの激戦を戦います。厳正にテストされたB.o.P(バランスオブパフォーマンス)がされており、駆動方式や車格による有利不利はありません

今回世界一のマニュファクチャラーは?

グローバルランキングトップ16マニュファクチャラーの中から、レクサス(川上奏 / 日本、ビンセント・リガード / フランス、ティレル・メドゥス / USA)がマニュファクチャラーシリーズの頂点に輝きました。

 

スポンサーリンク

ネイションズカップの頂点に立ったのは?

ネイションズカップって?

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

 

グランツーリスモネイションズカップは6月より3シーズンに渡り行われていた大会です。プレイヤー自らが母国の代表となりチャンピオンシップを戦い抜きます。母国の代表になりますが、選ぶ車種は国籍関係なく自由です。

今回激闘を制したのは

ネイションズカップ2018の世界一に輝いたのは20歳のブラジル代表のイゴール・フラガ選手です。

 

ネイションズカップ決勝は4レースの総合獲得ポイントで争う形です。

 

フラガ選手は第1レースを1位でしたが、第2レースでは日本代表である山中智瑛選手とのデットヒートを繰り広げます。山中選手が第2レース1位で、3ポイント差まで追いつかれます。第3レースでタイヤをハードにするという戦略が失敗してしまい、なんとフラガ選手10位まで順位を落としてしまいます。

 

最終レースでは10位からスタートになりましたがソフトタイヤに変更し、同じブラジル代表アドリアーノ・カラッツァ選手とのチームプレイを見せポイント1位の日本代表山中選手を抜き去り、8周目ドイツに暫定1位ドイツ代表ヒザル選手をパスしてフィニッシュ!24ポイント獲得して大逆転!

 

初代のネイションズカップの世界一になりました。

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

今回の大会の影響は

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

今回はFIA(国際自動車連盟)が公式に認定されたグランツーリスモSPORT世界大会は実際のレーシングと変わりなく盛り上がり、ドライバー(プレイヤー)のテクニックを競い合ったのは紛れもない事実でしょう。

 

今回の成功はスポーツゲーム系のeSportsの1つの礎になることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事