賞金規模が世界最大であり、eスポーツ大会の代表格でもあるDota2の「The International」ですが、2021年はストックホルムでの開催が確定しました。COVID-19の様子を見つつではあるでしょうが、8月の開催が予定されています。

The International」の出場権は「Dota Pro Circuit 2021」を通じて付与される予定となっています。仕様やフォーマットが昨年から変更されているので、本記事で解説します。 

Dota Pro Circuit 2021 開催概要

 今回のプロサーキットは「リージョナルリーグ」と「メジャー」の2つの大会に分かれている方式となります。サーキットは2シーズンにわかれており、それぞれのシーズンの終わりにメジャーがひとつ開催される形となります。メジャーの参加チームが、リージョナルリーグによってそれぞれ選出されます。

メジャーには18チームが参加します。リージョンごとに選出枠数は固定であり、ヨーロッパと中国からは4チームずつ、東南アジアとロシアからは3チームずつ、北米と南米からは2チームずつで合計18チームとなります。各リージョントップのチームはプレーオフから、2位のチームはグループステージから、残りのチーム(ヨーロッパ、中国、東南アジア、ロシアの3位以下)はワイルドカード枠からの出場となります。

リージョナルリーグは上記の6リージョンそれぞれで行われる大会で、上位8チームと下位8チームによる二部制リーグとなっています。各シーズンでは6週間に渡って総当たり戦を行い、下部リーグの上位2チームと上部リーグの下位2チームが入れ替わります。下部リーグの下位2チームは失格となり、オープン予選を勝ち上がった2チームと入れ替わりになります。

各リージョンの大会ホストは以下の通り。

  • ヨーロッパ:Dreamhack
  • 中国:Perfect World
  • 東南アジア:PGL
  • ロシア:ESL
  • 北米:Beyond the Summit
  • 南米:Dotapit

リージョナルリーグとメジャーのどちらでもDPCポイントが結果・戦績に応じて付与され、2シーズン後にDPC上位のチームがInternationalへの出場権を得ます。賞金もリージョナルリーグとメジャーどちらにも用意されています。

 

リージョナルリーグ 上部リーグ

  • 1位:30000ドル、500DPCポイント、メジャープレーオフ出場確定
  • 2位:28000ドル、300DPCポイント、メジャーグループステージ出場確定
  • 3位:27000ドル、200DPCポイント、メジャーワイルドカード出場確定
  • 4位:26000ドル、100DPCポイント、メジャーワイルドカード出場確定
  • 5位:25000ドル、50DPCポイント
  • 6位:24000ドル
  • 7位:23000ドル(下部リーグへ降格)
  • 8位:22000ドル(下部リーグへ降格)

 

リージョナルリーグ 下部リーグ

  • 1位:17000ドル(上部リーグへ昇格)
  • 2位:16000ドル(上部リーグへ昇格)
  • 3位:15000ドル
  • 4位:11000ドル
  • 5位:9000ドル
  • 6位:7000ドル
  • 7位:賞金なし、リーグから失格
  • 8位:賞金なし、リーグから失格

 

メジャー

  • 優勝:200000ドル、500DPCポイント
  • 準優勝:100000ドル、450DPCポイント
  • 3位:75000ドル、400DPCポイント
  • 4位:50000ドル、350DPCポイント
  • 5位タイ:25000ドル、300DPCポイント
  • 7位タイ:12500ドル、200DPCポイント

 

スケジュール

  • Season 1: 2020118日~228
  • Major 1: 2020325日~44
  • Season 2: 2020413日~523
  • Major 2: 202062日~613

さらなる詳細は今後順次発表されるようです。

(C)©Valve

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事