『PUBG』の新たな公式大会「PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP」(仮称)が「PUBG Esports JAPAN」公式Twitterより発表されました。本大会は2021年4月から開催される予定の東アジア公式リーグ「PUBG WEEKLY SERIES: EAST ASIA」の日本代表チームを決定する大会であり、また『PUBG』日本シーンのさらなる普及と成長を目的とした大会となります。

PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP(仮称) 開催概要

本大会はオープン参加方式の2部制リーグ戦となっています。リーグは国内予選と国内本戦に分かれており、国内予選では4週間で合計70試合(予定)が行われます。成績上位の16チームが国内本戦へと進出。国内本戦では3週間で合計65試合(予定)が実施予定、それぞれ2チームの合計4チームが選出されます。

国内本戦を勝ち上がった4チームには前述した「PUBG WEEKLY SERIES: EAST ASIA」への出場権が付与されます。また、上位2チームには「PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP」への出場権も付与されます。大会の賞金総額は500万円前後、2021年2月上旬から開始する予定です。

なお、「PUBG WEEKLY SERIES: EAST ASIA」は来年1月からプレシーズンも開催される予定で、こちらの日本代表チームはすでに決定しています。

  • DetonatioN Gaming White
  • ELEMENT.36 JAPAN
  • Rascal Jester
  • Ace1

こちらの大会では、日本、韓国、チャイニーズタイペイ、香港・マカオから選抜されたチームが、年間5億ウォン(約4,700万円)の賞金で競い合います。日本からの4チームのほか、韓国からは16チーム、チャイニーズタイペイ&香港マカオからは4チームが選抜されます。6週間行われるPWSは「Weekly Stage」2日と「Weekly Final」2日で構成されており、週に計4日間の試合が予定されています。毎週水木に行われる「Weekly Stage」を通じて土日2日間行われる「Weekly Final」に進出する16チームが選抜されます。Weekly Finalの優勝チームには毎週2千万ウォン(約190万円)の賞金が贈られます。各PWS Phaseの最後の週である第6週目は、第1~第5週目Weekly Final累積ポイント上位16チームの最後の真剣勝負、「Grand Final」が繰り広げられます。過去5週目の累積ポイントを合算した状態で始まる「Grand Final」ではPWSの最終勝者が決定され、「Grand Final」優勝チームには4千万ウォン(約380万円)の賞金が付与されます。

PUBG JAPAN CHAMPIONSHIPについてはまだ公式Twitterから発表があっただけであり、今後も詳細が続報として正式に発表されるでしょう。東アジア大会と合わせて、来年の『PUBG』プロシーンは非常に濃いものとなりそうです。

(C)©KRAFTON

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事