スポンサーリンク

賞金総額500万ドル(およそ5.3億円)のOverwatch League(以下、OWL)にて、プレーオフ進出チームを決めるプレーインが終了し、プレーオフに出場する8チームが出揃いました。OWLの詳しいフォーマットやルールについてはこちらの記事を参照ください。

プレーイン 結果

レギュラーシーズンの上位チームはすでにプレーオフ出場権を獲得しており、プレーインでは7位から12位のチームがトーナメントで戦い、2チームがプレーオフに進出することができます。

プレーオフ進出を決めたのは、Shanghai Dragonsを4-3でギリギリ打ち破ったLondon Spitfireと、4-1でGhuangzou Chargeを下したSeoul Dynastyの2チームとなります。

これによってOWL 2019のプレーオフにて競い合う8チームが全て揃った形になります。

  • Vancouver Titans
  • Seoul Dynasty
  • Hangzhou Spark
  • Los Angeles Gladiators
  • New York Excelsior
  • London Spitfire
  • San Francisco Shock
  • Atlanta Reign

以上の8チームです。トーナメント順での記載となりますので、Vancouver vs Seoul、Hangzhou vs Los Angelesのように隣り合う2チームが初戦の対戦カードとなります。トーナメントはダブルエリミネーション方式となっており、優勝チームがOWL 2019の覇者として賞金110万ドルを手にします。

プレーオフにむけて

今回のプレーインでギリギリプレーオフ入りを確定させた2チームは、非常に今シーズンにてファンの期待が大きい2チームでした。London Spitfireは前シーズンの覇者で、Seoul Dynastyはホームが韓国のチームとして同国のファンの間に非常に人気で、期待されているチームです。シーズン中ではやや不安定な戦績でファンをやきもきさせた2チームですが、プレーオフ進出を決めたことでファンの期待に応えられる可能性は高まりました。

プレーオフは現地時間(PDT)9月5日から始まり、グランドファイナルは9月25日に開催される予定となっています。

©Blizzard Entertainment

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事