eスポーツエンターテイメント事業を展開する株式会社RIZeSTEDIONをスポンサーに迎えて開催した、無観客オフラインの大規模『VALORANT』大会「EDION VALORANT CUPが先週末終了しました。国内の強豪6チームが参加する招待制の大会となりましたが、優勝候補のAbsolute JUPITERを抑えてSCARZが見事に優勝を勝ち取りました。

EDION VALORANT CUP 開催概要

 本大会は完全な招待制となっており、参加したのは以下の6チームとなっています。

  • Blackbird Ignis
  • DetonatioN Gaming
  • Absolute JUPITER
  • Lag Gaming
  • REJECT
  • SCARZ

結果

  • 優勝:SCARZ
  • 準優勝:DetonatioN Gaming
  • 3位:Absolute JUPITER
  • 4位:Blackbird Ignis

ブラケットはBO3のシングルエリミネーションによる変則トーナメントとなっており、DetonatioNJUPITERがそれぞれシード扱いとなっていました。SCARZは見事に優勝候補のJUPITER2-0で打ち破り、上ブロックを勝ち上がったDetonatioNと決勝で衝突。2本目は12-11からOVERTIMEまでもつれ込む激戦となり、13-15の大逆転で勝利を勝ち取りました。Absolute JUPITERは今までの大会をほぼ制覇しており、また現在進行系のMildom Mastersでも全勝という圧倒的な成績を残していて「国内一強」の呼び声も高かったチームです。今回のSCARZの活躍は、日本のシーンがさらに成長しJUPITER一強時代の終わりを告げるものかもしれません。

なお、優勝のSCARZには賞金50万円、準優勝のDetonatioN Gamingには賞金30万円が贈られました。RAGE GBVSなどに引き続き、今後は無観客オフラインの大会も増えていきそうです。

(C)©Riot Games Inc. ©RIZeST

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事