ロケットカーでサッカーを行うスポーツゲーム『ロケットリーグ』(Rocket League)の開発元であるPsyonixは、2020年の夏に、基本プレイを無料(F2P)にすることを発表しました。

これまで様々なプラットフォーム(Steam、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch)向けに配信されてきました。Steamでは、1980円で販売されてきましたが、無料化後は配信がなくなります。

すでに購入済みのプレイヤーには、今後もアップデートが提供されるということです。無料化後は、Epic Games Storeでダウンロード出来るようになります。

2015年7月7日に『Rocket League』がリリースされて5周年を迎え、その間に7500万人がこのゲームをプレイし、50億試合以上が行われたと言われています。プレイ出来るプラットフォームは2つからから4つに増え、12の新しいモードが登場し、利用可能なロケットカーは10車種から70車種以上と大幅に増えました。

2019年5月には、PsyonixがEpic Gamesに買収されたと発表。Psyonixが主催する『Rocket League Championship Series』(RLCS)は、10シーズン目を迎えています。

すでに幅広い人気を博している『Rocket League』ですが、無料化されることで今後は、大幅にプレイヤーが増えることが予想されます。それに伴い、大会の競技レベルや注目度も急上昇することでしょう。

参照:
https://arstechnica.com/gaming/2020/07/rocket-league-will-soon-be-free-to-play-delisted-from-steam/
https://www.rocketleague.com/news/rocket-league-s-2020-infographic--five-years-and-counting/
https://www.rocketleague.com/news/psyonix-is-joining-the-epic-family-/

(C)©Psyonix ©Epic Games

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事