スポンサーリンク

『ポケットモンスター』シリーズの公式世界大会である『ポケモンワールドチャンピオンシップス』、その歴代チャンピオンたちを集めた大会である「World Championship Invitational 2020」が先月末にVictory Roadの主催によって開催されました。本記事では、こちらの大会の結果と、各チャンピオンたちが使用したパーティーについてまとめています。

大会概要

World Championship Invitationalは新しい対戦フォーマットであるVGC2020によって行われる、8人の歴代チャンピオンによる大会です。参加者は以下の通り。

Ray Rizzo(アメリカ)

Arash Ommati(イタリア)

Sejun Park(韓国)

Shoma Honami(日本)

Wolfe Glick(アメリカ)

Ryota Otsubo(日本)

Paul Ruiz(エクアドル)

Naoto Mizobuchi(日本)

 

大会結果

優勝

Sejun Park

準優勝

Shoma Honami

3位タイ

Naoto MizobuchiWolfe Glick

5位タイ

Ryota OtsuboArash OmmatiPual RuizRay Rizzo

賞金

優勝のSejun選手には600ドル、準優勝のShoma選手には300ドル、3位タイのNaoto選手とWolfe選手にはそれぞれ50ドルが賞金として与えられています。

 

動画

Victory Roadの公式Youtubeチャンネルに、今回の大会のプレイリストが作成されており、全ての試合を観ることが可能となっています。

 

レンタルチーム

実際に大会にて使用されたパーティーのうち、5パーティーがレンタルパーティーとして公開されています。

Wolfe選手のパーティー

Shoma選手のパーティー

Sejun選手のパーティー

Ryota選手のパーティー

Arash選手のパーティー

 

また、Sejun選手のパーティーは本人による解説記事が存在します。韓国語ですが、翻訳記事が近いうちにVictory Roadに掲載されるとのことですので、試してみたい方は見逃さないようにしましょう。

(C)©The Pokémon Company

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事