ライアットゲームズによる『リーグ・オブ・レジェンド』公式世界大会「World Championships 2020」(以下、WCS2020)のノックアウトステージが本日から開始されます。プレーインとグループステージは先週末までに終了しており、残すは8チームによるシングルエリミネーショントーナメントのみとなっています。

プレーイン振り返り

プレーインに参加したのは10チームで、これが2つのグループに分けられました。参加したチームは以下の通り(順位順)

 

グループA

  1. Team Liquid (NA)
  2. Legacy Esports (OCE)
  3. SuperMassive Esports (TR)
  4. MAD Lions (EU)
  5. INTZ (BR)

グループB

  1. PSG Talon (PCS)
  2. Unicorns of Love (CIS)
  3. Rainbow7 (LAT)
  4. LGD (CN)
  5. V3 Esports (JP)

 

この順位は総当たり戦の結果によるもので、それぞれのグループ1位であるTeam LiquidPSG Talonはグループステージ進出決定、最下位のINTZV3 Esports2チームは敗退となりました。日本チームであるV3 Esportsは健闘したものの、同じく1-3であったLGDとのTBに敗北し残念ながら最速で敗退となってしまいました。

それぞれのグループの2位~4位が参加したプレーインのノックアウトステージではそれぞれUnicorns of LoveLGDが勝利し、グループステージへと進出します。

 

グループステージ振り返り

グループごとの結果は以下の通り(順位順)。

グループA

  1. Suning (CN)
  2. G2 Esports (EU)
  3. Team Liquid (NA)
  4. Machi Esports (PCS)

グループB

  1. DAMWON Gaming (KR)
  2. JD Gaming (CN)
  3. PSG Talon (PCS)
  4. Rogue (EU)

グループC

  1. Gen.G (KR)
  2. Fnatic (EU)
  3. LGD Gaming (CN)
  4. Team SoloMid (NA)

グループD

  1. Top Esports (CN)
  2. DRX (KR)
  3. FlyQuest (NA)
  4. Unicorns of Love (CIS)

 

各グループ上位2チームがノックアウトステージ進出、下位2チームが敗退となります。結果はリージョン別に見ると韓国と中国がそれぞれ3チーム、EUから2チームとなり、メジャーリージョンだけが残る形となりました。また、メジャーリージョンではNA(北米)のみ全チームが敗退しています。NA第一シードであるTSMはグループステージを0-6と全敗しており、メジャーリージョンの第一シードが全敗するのはWCSの歴史上初めてのこととなります。

 

ノックアウトステージ

ノックアウトステージは本日より開始されます。マッチアップは以下の通り。

  • Suning vs JD Gaming

前回のWCSのファイナリストであるG2をタイブレーカーで抑えてグループ1位抜けしたSuningと、LPL第二シードであるJDGの中国対決となっています。SuningはジャングラーであるSofMを中心として非常にアグレッシブなプレイスタイルを誇る「まさにLPL」といったチームで、非常に激しい試合が予想されます。

 

  • Top Esports vs Fnatic

TESは本大会の優勝候補でもある強豪チームで、全ロールに非常に強力なプレイヤーが揃った隙のないチームとして知られています。グループステージでは5-1の成績を残していますが、FlyQuest相手の1敗こそがTESが無敵ではないことの証明でもあると言えるでしょう。プレーインから破竹の勢いで勝ち進んできたLGDを抑えてグループ2位を確保したEUの古強者Fnaticにもチャンスは残されています。

 

  • DAMWON Gaming vs DRX

TESが中国の優勝候補だとすれば、DAMWONは韓国からの優勝候補となっています。ほとんどのプレイヤーが本大会の決勝を「TES vs DAMWON」と予想していると言っても過言ではありません。DRXは同じく韓国からのチームとなっており、LCK特有の非常にレベルの高いマクロが展開される試合が予想できるでしょう。

 

  • Gen.G vs G2 Esports

Gen.GBddRulerといったベテランプレイヤーを揃えた韓国の強豪チームとなっており、グループステージでもFnatic1敗を喫したのみの5-1の成績を残しています。対するG2は昨年のWCSの準優勝。Fnaticと並んで8チーム中2チームのみ残った欧米のチームとして高い期待を背負っています。

 

WCS2020のノックアウトステージ第1試合は本日より4日連続、日本時間19時より試合が開始します。本大会は全世界でもっとも注目を集めているeスポーツ大会と言えるでしょう。Twitchでは日本語の公式配信もありますので、世界最大級のeスポーツの祭典を見逃さないようにしましょう。

(C)©Riot Games

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事