エピックゲームズが開発するTPSゲーム『フォートナイト』が、2019年の収益で、ゲーム業界最高額の18億米ドル(約2000億円)を記録したことが分かりました。2018年の24億米ドル(約2600億円)からは約4分の1、減益となりましたが、それでも2年連続で、首位を死守。調査会社ニールセンのゲーム部門(SuperData Research)が発表しました。

『フォートナイト』は、基本は無料プレイで、バトルパスでゲーム内アイテムの販売を促し、1億2500万人のアクティブユーザーがいると言われています。

『フォートナイト』は『リーグ・オブ・レジェンド』よりプレイヤーの数では少ないですが、PCで『フォートナイト』のプレイヤーがゲーム内課金にお金を費やす確率は、2倍にもなります。

2019年に、『リーグ・オブ・レジェンド』は、収益 15億米ドル(約1650億円)で、4位にランクイン。他にもeスポーツで人気のタイトル『王者栄耀 』が16億ドル(約1750億円)で3位。『クロスファイア』が14億米ドル(約1500億円)で7位と健闘しました。

2019年のゲーム業界全体の収益は、1200億米ドル(約13兆円)で、前年から4%増加しました。

ゲーム会社にとって、eスポーツで成功することは、収益にも大きく貢献することを今回の調査は示していると言えるのではないでしょうか。

2019年ゲーム収益ランキング:

1位:『フォートナイト』 18億米ドル(約2000億円)
2位:『アラド戦記 』 16億米ドル(約1750億円)
3位:『王者栄耀 』 16億ドル(約1750億円)
4位:『リーグ・オブ・レジェンド』 15億米ドル(約1650億円)
5位:『キャンディークラッシュ』 15億米ドル(約1650億円)
6位:『ポケモン GO』 14億米ドル(約1500億円)
7位:『クロスファイア』 14億米ドル(約1500億円)
8位:『フェイト・グランドオーダー』 12億米ドル(約1300億円)
9位:『ゲーム・フォー・ピース』 12億米ドル(約1300億円)
10位:『ラストシェルター』 11億米ドル(約1200億円)

参照:
SuperData Research
https://www.superdataresearch.com/2019-year-in-review/

(C) ©SuperData Research

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事