スポンサーリンク

League of Legends』(以下、LoL)の日本プロリーグである「League of Legends Japan League(LJL)」ですが、次期シーズンの参加チーム一般公募が発表されました。

 今回の一般公募には、チームオーナーとなる法人もしくは親会社に対してかなり厳しい条件が課せられています。中でも特に注目されているのは、以下の条件です。

・資本金が5千万円以上であること

・チームオーナーとなる法人の、2019年10月以降に開始する最初の会計年度における年間売上が(ライアットゲームズからの支払いを除いて)25億円以上になると合理的に見込まれること

以前の条件であった「資本金1000万円以上、年間売上5000万円以上」に比べると大幅にハードルが高くなっており、かなりの大企業が参入してくることが予想されます。

 

なお、今回の一般公募については、2016年よりLJLに参加しているチームである「Unsold Stuff Gaming」が「2020年度のLJL出場基準に達していないため」、その代わりとなるスポットを募集するということになっています。ライアットゲームズからの発表では具体的にUSGがどの出場基準を満たしていないかは名言されていませんが、USGの所有会社である株式会社ブレイクスルーが前述の資本金・年間売上の条件を満たしていなかったという可能性が高いと考えられています。

USGは今回の件についてTwitterで反応しており、所属選手であるenty選手とapaMEN選手に関してはすでに別チームとの契約が決定していると発表しています。USG所属の他の選手たちの今後と、USGの代わりに参入してくるチームには注目が集まっています。来シーズンのLJLは、今までとはちょっと違った顔ぶれとなりそうです。

©Riot Games Inc.

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事