スポンサーリンク
スポンサーリンク

君はlolを知っているか

Leag of Legend(リーグオブレジェンド)、略してlol。

「知ってる!」という方は、けっこうeSpotsに詳しい方だろうと思う。

実はこのゲーム、プレイ人口が1億人を超えるとも言われ、eSpotsの中では大御所的存在。世界大会も毎年開催されている。今年も10月~11月にかけて世界大会が行われ、日本から初めてDetneterが出場、初の初陣を飾った。

だがこのLeag of Lerend、日本での知名度はいま一つ。というのもゲーム自体は2009年にリリースされて好評を博していたのだが、日本語化が遅れ、日本語版が出て日本語サーバが設置されたのは2016年だったためだ。

だからといって、このゲームがつまらないわけではない。というか、触ってみたら面白すぎてまずい。

自分はMOBAやFPSは触っていないし、lolは完全初心者だが、ゲーム歴自体はウン十年。なのに久々にのめりこみそうで、必死に自制するくらい面白い。

内容は、スプラトゥーンのガチマップを広くして、ドラクエやFFのようなジョブを入れて、役割とクリアする場所を手分けしながら殴りあい、途中の敵陣にある守護石像も壊し、最後にリスポーン地点にある巨大クリスタルを壊せば勝ち、といったら伝わるだろうか? MMOとスプラトゥーンの中間という感じだ。

RPGでお馴染みのジョブに相当するものは、大雑把に分けると6種類。だがキャラ(lolではチャンピオンと呼ぶ)ごとに技やステータスが違うので、同じアタッカーやヒーラーと言ってもプレイスタイルの幅が広い。世界が熱狂するのも分かろうというものだ。

しかもすごいのは、こんなに奥深いゲームなのになんと無料。課金するとスキンが手に入ったりするけれど、それで強さが変わることはない。だからいつでも誰でも始められる。

そんな面白いゲームの始め方を、実際にやってみた感想とともに書いてみようと思う。

スポンサーリンク

公式ページへ行こう

「lol」「リーグオブレジェンド」と検索すると、真っ先に公式ページが表示される。

これを選べば、問題なく公式ページに行けるはずだ。これが2018/11/16現在の公式ページ。

ただこのページだけ見ていても、ゲームは始らない。左上のほうにある「ゲームガイド」をクリックしよう。

ゲームガイドをクリックすると、この画面に。ここで真ん中の「無料で始める」を選ぶと、ゲーム開始の準備へ進んでいく。

始める前に必要なもの:パソコン、インターネット回線、マウス

パソコン

パソコンの推奨スペックは以下のとおり。ただWindowsXPでも動くとあるとおり、かなり低スペックのノートパソコンでもそこそこ出来る。そのための低スペックモードも備えている。中古やお古のパソコンがあれば、最初は何とかなるはずだ。

インターネット回線

これがなければ始まらないけど、これもそこまで大容量の回線は必須ではない(あれば嬉しいけど)。

何しろlolは少々過酷な環境でも動くゲームで、だからこそ東南アジア等の発展途上国からも、プロを目指すプレイヤーが出るくらいなのだ。

家にWifi環境があれば、今のノートPCなら繋がるはずだ。もちろん無線LANでもいい。

マウス

これがないと、ちょっとプレイが難しい。

ただこれも、高額なものが必須なんてことはない。とりあえず安いマウスを買ってきて、つけておけば最初は十分。なんなら、誰かのお古だっていい。

スポンサーリンク

実際にLOLに登録してログイン!

アカウントを作ろう

lolはオンラインゲームなので、アカウントを作らないとゲームを始められない。

ゲームガイドで「無料で始める」をクリックすると、上のような画面が出てくるので、必要事項を記入して「作成する」もクリック。アカウントを作ろう。

ダウンロードしてインストールしよう

アカウントが無事に出来たら、次にダウンロード。自動的に「ゲームをダウンロード」という画面になるのでクリック。

しばらく待つとブラウザから「ダウンロードが終了しました」といった通知が来るので、その通知をダブルクリックすれば、インストールが始まるはずだ。

いろいろ聞かれたりするが、基本は「同意」しつつ「次へ」でOK。

無事にインストールが終われば、ゲームアプリが動き出して、下の画面になる。

規約に同意しないと遊べないので、よく読んで「同意する」をクリックしよう。

ログイン!

すべてが無事に終わると、音楽とともにデモ画面が。

右のほうに「サインイン」の項目があるので、ここにアカウント作成時に決めたユーザー名とパスワードを入力して、サインインする。

さぁこれでやっとゲームを……と思いきや。

ここで出てくるのが「ゲーム内で表示されるあなたの名前を決めましょう」という画面。

えーなんで、いま名前決めたじゃんとおもいながらググってみたら、これは「サモナー名」と呼ばれるゲーム内でのプレイヤー名のことで、アカウント名とは全く別のものらしい。

なお1回決めると簡単には代えられないので、決めるときは慎重に。

まとめ

さて今回はeSportsの中でも世界一のプレイヤー数と賞金額が高いのに、とりわけ日本ではマイナーなリーグオブレジェンドの登録を紹介してみた!

次回は実際にゲーム序盤を実際にプレイしてみよう。この記事を読んでぜひ興味持った人はすぐにググってプレイしてみよう!

→→実際にゲームプレイしたレポートはこちら!

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事