1213日から14日にかけて開催された『ハースストーン』の世界大会「ハースストーン グランドマスターズ ワールドチャンピオンシップ」(以下Worlds)にて、アジア太平洋代表であり日本人のglory選手が優勝、ワールドチャンピオンの座と賞金20万ドル(約2080万円)を獲得しました。本大会で日本人から優勝者が出るのは初めてのこととなります。

ハースストーン グランドマスターズ ワールドチャンピオンシップ 開催概要

Worldsのフォーマットは全試合コンクエスト方式のBO5、グループステージでは4人のプレイヤーで構成されるグループが2つ組まれ、それぞれで総当たり戦。それぞれのグループにて成績上位の2人、合計4人がプレーオフ進出となります。

参加する8名のプレイヤーは4月から10月にかけて行われたグランドマスターズのリーグ戦より選出されています。リーグはアジア太平洋、ヨーロッパ、南北アメリカの3つに分けられており、それぞれの地域にディビジョンAB8人ずつの合計16人が所属しています。これらのリーグ戦を勝ち抜き、プレーオフに勝利するとWorldsへの参加権が得られます。3地域に中国を加えて、2シーズン分で4×2=8名がWorldsに進出となります。今回の参加者は以下のとおり。

 参加者

  • アジア太平洋 シーズン1 glory
  • アジア太平洋 シーズン2 Bankyugi
  • ヨーロッパ シーズン1 SilverName
  • ヨーロッパ シーズン2 Jarla
  • 南北アメリカ シーズン1 bloodyface
  • 南北アメリカ シーズン2 Monsanto
  • 中国 シーズン1 Syf
  • 中国 シーズン2 XiaoT

 順位

  • 優勝 glory(日本)
  • 準優勝 Jarla(チェコ)
  • 3位タイ SilverName(ロシア)
  • 3位タイ Monsanto(カナダ)

 

プレーオフにてカナダのMonsanto選手を3-0でくだしたglory選手は、決勝ではチェコのJarla選手と衝突。初戦はglory選手のコントロールウォリアーとJarla選手の聖典パラディンのマッチアップ。glory選手のボードクリア手段を丁寧にいなしたJarla選手が勝利し、先制します。

2戦目はglory選手のローグ対Jarla選手のプリーストのマッチアップとなります。glory選手はローグアーキタイプにて変わらぬ強さを発揮し続ける「エドウィン・ヴァンクリーフ」と「クエスト中の冒険者」がきれいにスノウボールし、1戦取り返します。

3戦目はglory選手のコントロールプリースト対Jarla選手のコントロールウォリアー。コントロール同士の対決は当然ファティーグまでもつれこみますが、転生カーガスによるアーマーとラトルゴアのバリューによってglory選手が勝利。

4戦目のglory選手の欠片デーモンハンター対Jarla選手のOTKデーモンハンターでは、双方がほぼリソースを使い切りトップデッキ対決となりかけたものの、glory選手が魂石細工士を引きリーサルに。3-1でglory選手が勝利し、世界チャンピオンとなりました。

https://twitter.com/HSesports/status/1338239541774229504

なお、優勝のglory選手は自身をモチーフとしたレジェンダリーカードが2021年度に発行されることが決まっています。ファンはそちらも楽しみに待ちましょう。

(C)©Blizzard Entertainment

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事