ライアットゲームズが公式にホストする『VALORANT』の大会シリーズである「IGNITION SERIES」、次の大会である「VALORANT T1 x Nerd Street Gamers Showdown」が今週末、現地時間626日から開催されます。『リーグ・オブ・レジェンド』などでもよく知られるプロゲーミングチームを多く持つT1と、フィラデルフィアに本拠を置くeスポーツ団体「Nerd Street Gamers」がコラボでスポンサーをする大会となっています。

 

 

VALORANT T1 x Nerd Street Gamers Showdown 開催概要

 

IGNITION SERIES」はライアットゲームズによる公式の『VALORANT』大会群です。シリーズ最初の大会となる「G2 Esport Invitational」や「GAGE Valorant Invitational」、そして日本でも「RAGE VALORANT JAPAN INVITATIONAL」が先週開催され、次の大会となるのが本大会となります。

 

本大会はすでに各大会で活躍するプロチームの他、実力のあるインフルエンサー・ストリーマーを招待したチーム、そして予選を突破してきたアマチュアのチームが三つ巴で競い合う大会となります。具体的な参加チームは以下の通り。

 

  • T1
  • Gen.G
  • Sentinels
  • Immortals
  • Team SoloMid
  • Team Ninja
  • Charlotte Phoenix
  • Together we are terrific
  • Prospects
  • Spot Up
  • Echo 8

 

これらのチームのうち、最後の4チームが予選を勝ち上がってきたチームとなっています。また、Team Ninjaは世界で一番有名であろう『フォートナイト』ストリーマーであるNinja選手を中心に結成されたチームで、他には『フォートナイト』プロであるMorgausse選手、元『Apex Legends』プロGregoFPS選手、『CS:GO』プロのLex選手、そして元『フォートナイト』プロのsonii選手という顔ぶれになっています。

 

大会フォーマット

 

Valorant T1 x Nerd Street Gamers Showdownはグループステージとプレーオフにわかれています。グループステージでは4チーム4グループにわかれて総当り戦が行われ、上位2チームがプレーオフへと進出します。プレーオフはダブルエリミネーションのトーナメントとなっており、ウィナーズはBO3、ルーザーズはBO1となっています。決勝のみBO5で、ウィナーズ側は先に1マップ分の有利が与えられた状態での試合となります。

 

賞金

 

Valorant T1 x Nerd Street Gamers Showdownは、北米で開催される大会では最大規模の『VALORANT』大会となっています。賞金総額は$50000(約530万円)で、振り分けは以下の通りとなっています。

  • 優勝 $25000
  • 準優勝 $15000
  • 3$5000
  • 4$5000

 

 

本大会が終了すると、今度はGGTech主催による大会が72日~3日にかけて開催予定となっています。ほぼ毎週のように大規模大会が開催される『VALORANT』は、間違いなく今一番eスポーツシーンでホットなタイトルと言えるでしょう。

(C)©Riot Games Inc.

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事