Counter-Strike: Global Offensive』のリーグ開催でも知られる「UTAGE」が開催する、大規模『VALORANT』大会である「UTAGE VALORANT」のエントリーが614日からスタートしています。自己申告制で5つの階級に分かれたリーグ戦形式の大会となっており、FPS未経験の初心者からプロを目指している人まで、あらゆるスキルレベルのプレイヤーが参加できます。

 

UTAGE VALORANT 開催概要

 

大会フォーマット

 

UTAGE VALORANT5つの「階級」に分かれて行うリーグ戦形式の大会となっています。用意されている階級は以下のとおり。

 

  • GENERAL:​プロ、もしくはプロと対等に渡り合える自信があるチームが対象
  • COLONEL:元プロ、もしくはプロシーンを目指している、FPS/TPS上級者チームが対象
  • LIEUTENANTFPS/TPS経験者、中級者チームが対象
  • SERGEANTFPS/TPS経験者、初心者チームが対象
  • PRIVATE:ほぼFPS/TPS未経験者、大会に参加することを純粋に楽しみたいチームが対象

 

VALORANT』には現在ランクマッチが実装されていないため、これらの階級は少なくともシーズン1においては自己申告制が取られることが発表されています。ただし、基本的にこれらの階級は自己申告を考慮に入れつつも大会運営の裁量によって振り分けられるとしています。選考基準となるのは以下の点。

 

  • マッチメイキングのランク(現時点で未実装)
  • 過去のFPS/TPSイベントにおける実績
  • 自己申告制の希望階級(参加登録フォームにて)
  • 一般プレイヤーへのヒアリング

 

なお、1階級につき812チームが想定されており、12チーム以上の場合は階級内でさらなるグループ分けがなされます。このグループの数は124の場合が想定されています。グループが1つのみの場合、グループ内での総当りリーグ戦における最優秀チームと、2位の成績のチームが決勝戦を行います。グループが2つの場合、それぞれのグループの最優秀チームが決勝戦を行います。最後にグループが4つの場合は、それぞれのグループの最優秀チームによる準決勝が行われ、それの勝者による決勝が行われます。準決勝と決勝は全てBO3となります。

 

UTAGE VALORANTはシーズン制となっており、各階級の優勝チームは次シーズン時に一つ上の階級へと昇格します。逆に、最も成績の悪かったチームはひとつ下の階級に降格します。GENERAL階級において一番成績の悪かったチームはCOLONELの優勝チームと入れ替えになりますが、GENERALに所属するチームが不足している場合は降格が起きません。

 

大会スケジュール

 

エントリー期間

6月14日 14:00 ~ 6月30日 23:59

 

予選期間

711日~88

 

準決勝 RANK:ルーテナント以下

87日~823

 

準決勝 RANK:カーネル

822

 

​準決勝 RANK:ジェネラル

823

 

決勝 RANK:ルーテナント以下

817日~823

決勝 RANK:カーネル

829

 

​決勝 RANK:ジェネラル

830

 

 

賞金

 

UTAGE VALORANTには10万円以上の優勝賞金が用意されていると現在発表されています。ただし賞金はGENERAL階級のみとなっており、また後日にさらなる詳細が発表されるとのことです。

 

 

UTAGE VALORANTはおそらく国内で初の大規模な『VALORANT』のリーグ戦で、かつあらゆる実力のプレイヤーに門戸が開かれている非常に裾野の広い大会となっています。リーグ戦とは試合頻度は月に46試合、週末のみで十分試合できる調整となっており、社会人でも気軽に参加可能です。初心者でも参加できるリーグ大会というのは非常に珍しいので、興味がある方はエントリーを忘れないようにしましょう。

(C)©Riot Games ©UTAGE

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事