Dota2のオートチェスから始まり、『League of Legends』の新しいゲームモードとしてすっかり定着し人気となった『Teamfight Tactics』ですが、ライアットゲームズ社より今後のeスポーツ化の展望について発表されました。

 今回発表されたのは「今年の後半から始まる」と言われている「Galaxies Championship」という公式の大会です。日程等はまだ一切発表されていませんが、大会の大まかなフォーマットに関しては判明っしています。

 TFT Galaxies Championship 開催概要

まず、Galaxies Championshipにおいてはリージョンが分けられます。現在判明している予選地域は以下の通り。

 

  • 中国(3枠)
  • ヨーロッパ、ロシア、中東(合わせて3枠)
  • 日本(1枠)
  • 韓国(2枠)
  • 北アメリカ(2枠)
  • ブラジル(2枠)
  • ラテンアメリカ(2枠)
  • トルコ(1枠)

このように、地域ごとにGalaxies Championship決勝に進める枠数が指定されています。予選の形式に関しては地域ごとに違う可能性が高く、リーグ戦形式の地域もあればトーナメント形式の地域もあるようです。1枠とはいえ日本もあるのは注目です。

各地域予選の詳細は基本的にまだ不明ですが、北米の予選のみは情報が公開されています。北米予選は5月に開始、7月に終了の予定となっています。プレイヤーは登録した後、ランクマッチのラダーを通してポイントを稼ぎます。獲得ポイントトップ10が地域決勝に進みます。また、5月から7月にかけてオンラインでのトーナメントがいくつか開催され、優秀な成績をおさめた合計6人も、地域決勝へと進みます。

まだまだ詳細については未発表な部分が多いGalaxies Championshipですが、これでTFTがさらに盛り上がることは間違いないでしょう。続報を楽しみに待ちましょう。

(C)©Riot Games Inc.

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事