CS:GO』のプロリーグであるESL Pro Leagueシーズン11のヨーロッパリーグが終了しました。COVID-19の影響により、今シーズンのESLはヨーロッパと北米の2リージョンに分かれてオンラインでの対戦となっています。

ヨーロッパリーグには18チームが存在し、今回のリーグ結果は以下の通りとなります。括弧内は米ドルでの獲得賞金額となっています。

 

優勝 Fnatic ($110,000)

準優勝 mouseesports ($65,000)

3Astralis ($53,000)

4Natus Vincere ($43,000)

5FaZe ($32,000)

6OG ($31,000)

7位タイ forZeNiPVitality ($24,000)

10位タイ G2ComplexityGODSENT ($17,000$22,000)

13位タイ SpiritNorthVirtus.pro ($15,000)

16位タイ BIGENCETYLOO ($3000$8000)

 

Fnaticmouseesportsは去年12月に行われたシーズン10の決勝でも対決しており、その時はmouseesports3-0で勝利しています。今回のBO5は最終戦までもつれ込みましたが、Fnaticは去年のリベンジを果たした結果となりました。詳細なマップごとのスコアは以下の通りです。

 

  • Overpass 16:11
  • Dust2 7:16
  • Vertigo 11:16
  • Nuke 16:1
  • Mirage 16:12

 

マッチMVP108:71KDを記録したKRIMZ選手に贈られました。リーグ全体でのMVPは同じくFnaticBrollan選手となっており、今期のFnaticのパフォーマンスの高さを伺わせます。

(C)©ESL

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事