スポンサーリンク

2020111日(土)と12日(日)に「東京eスポーツフェスタ」が開催されます。こちらのイベントは東京都の東京eスポーツフェスタ実行委員会が開催する、都営のイベントとなっています。また、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタイテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日によって共同開催されている国内最大級のeスポーツイベントである「RAGE」が、このイベントの企画運営にあたることも発表されています。

 

開催概要

 

東京eスポーツフェスタは競技種目に厳しめの制限が課せられており、「競技大会での使用実績がある」「集客が期待できる」「CEROレーティングA、スマホアプリの場合は3+もしくは4+」「国内IPホルダーによるもの」となっています。このため、現在世界的にメジャーなタイトルはほとんど採用されていません。こういった条件を潜り抜けて競技種目として選定されたのは『太鼓の達人 switch ver』、『パズドラ』『モンスターストライク』の3タイトルとなっています。いずれも知名度は非常に高く、特にスマートフォンアプリの後者2つは国内では賞金付きの大会も何度も開催されているタイトルとなっています。

 

太鼓の達人 試合フォーマット

事前エントリーなどは存在せず、当日受付のみとなっています。予選のスコアアタックにて16名の選手が選抜され、以降はBO1のトーナメントが行われます。配点方法は「真打」で、公式コントローラーである「太鼓とバチ for Nintendo Switch」の利用が義務付けられています。マイバチなどの利用はできません。

また、参加資格は「日本在住の小学生以下」となっています。中学生以上向けの大会は開催されていません。

パズドラ 試合フォーマット

パズドラも太鼓の達人と同様に当日受付のみとなっており、11日が予選大会、12日が本大会の予定となっています。残念ながら、大会のフォーマットや試合形式などは後日発表予定となっており、現在確認することはできません。

モンスターストライク 試合フォーマット

モンスターストライクのみは、他二種タイトルと違い事前にエントリーする必要があります。公式サイトにエントリーフォームがありますので、参加予定の人は忘れずに入力するようにしましょう。

試合形式は、まず4グループに別れて予選が行われます。各グループ32チームによるスイスドロー5回戦(Bo1)とタイムアタックサドンデス1回戦が実施され、各グループ成績上位の2チームが112⽇の決勝トーナメントに出場します。予選に使用されるステージは以下の通り。

【予選使⽤ステージ】

1回戦:翠撃の隊⼠

2回戦:⽔駆ける天叢雲の皇⼦

3回戦:機甲の蒼将

4回戦:翠撃の隊⼠

5回戦:⽔駆ける天叢雲の皇⼦

サドンデス:機甲の蒼将

決勝トーナメントでは、予選を抜けた計8チームがBo3でのシングルエリミネーショントーナメントに参加します。こちらの使用ステージは以下の通りです。

【決勝トーナメント使⽤ステージ】

ベスト8

  1. 天使を狩りし暴魔の刃
  2. 機甲の蒼将
  3. 翠撃の隊⼠

準決勝

  1. 翠撃の隊⼠
  2. ⽔駆ける天叢雲の皇⼦
  3. 天使を狩りし暴魔の刃

決勝

  1. ⽔駆ける天叢雲の皇⼦
  2. 翠撃の隊⼠
  3. 機甲の蒼将

 

賞金・賞品

東京都による開催であることもあり、賞金等は一切用意されていません。ただし、副賞は存在します。太鼓の達人では、112⽇(⽇)に東京eスポーツフェスタ内で開催する株式会社JTB主催の「太⿎の達⼈ Nintendo Switchば〜じょん!⼩学⽣ドンカツ王決定戦!」決勝⼤会への決勝トーナメント出場権利とオリジナルパーカー、モンストでは「モンスターストライク」内で使⽤できる「東京eスポーツフェスタ限定 ゲーム内フレーム」が副賞として用意されています。パズドラの副賞は未定のようです。

展示会

東京eスポーツフェスタでは、大会の他にゲーム開発、デバイス、AR•VR等関連技術、キャラクター、グッズ、スマホアクセサリー、学校運営などeスポーツ関連企業向けの展示会が予定されています。こちらの出展の申し込みも現在公式サイトにて可能であり、参加予定企業などはまだ発表されていないようです。

 

© TOKYO eSPORTS FESTA. All Rights Reserved.

© BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

© GungHo Online Entertainment, Inc.

© XFLAG

© RAGE

スポンサーリンク

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事