LoL プロリーグ

 世界で最もメジャーなeスポーツであるLeague of Legends(LoL)は、公式プロリーグの規模も他のゲームの比ではありません。

地域区分

LoLのプロリーグは以下の地域に別れています。香港/台湾 (LMS)と東南アジア (LST)が統合され、新たにPacific Championship Series (PCS)となったことから、ティア1のリーグ数が13から12に減りました。

ティア1: 

四大リーグ

  • ヨーロッパ (LEC)
  • 中国 (LPL)
  • 韓国 (LCK)
  • 北アメリカ (LCS)

マイナーリーグ

  • パシフィック(PCS)
  • ベトナム (VCS)
  • ロシア (LCL)
  • トルコ (TCL)
  • ブラジル (CBLOL)
  • ラテンアメリカ (LLA)
  • 日本 (LJL)
  • オセアニア (OPL)

最近では四大リーグにPCSを加えて5大リーグとすることもあります。

MSI

先に述べた地域のリーグ戦はSpring SplitとSummer Splitに別れています。全ての地域のSpring Splitとプレーオフが終了すると、Mid-Season Invitational (MSI)と呼ばれる世界大会が開催されます。

MSIには、上記の12地域のプレーオフを勝ち上がった1位のチームが招待されます。2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりMSIが中止となり、代替イベントとして2020 Mid-Season Streamathon(Mid-Season Cup、Mid-Season Showdown、EU Face-Off)が行われました。

2019年のMSIに招待されたのは以下のチームとなっています

OPL(オセアニア): Bombers

LJL (日本): DetonatioN FocusMe

VCS(ベトナム): Phong Vu Buffalo

TCL(トルコ): 1907 Fenerbahçe Esports

CBLOL(ブラジル): INTZ eSports

LCL(ロシア): Vega Squadron

LLA(ラテンアメリカ): Isurus Gaming

LST(東南アジア): MEGA Esports

—ここまでシード権なし—

LCS(北アメリカ): Team Liquid

LMS(香港/台湾): Flash Wolves

—ここからグループステージへのシード権あり—

LCK(韓国): SK Telecom T1

LEC(ヨーロッパ): G2 Esports

LPL(中国): Invictus Gaming

これらの13チームが、4段階に渡って試合を行います。

プレーイングループステージ

シード権を保たない8つのチームが2グループに別れ、1本先取の2回総当たりでリーグ戦を行います。各グループの勝者がプレーインノックアウトステージに進出します。

プレーインノックアウトステージ

プレーイングループステージを抜けた2チームが、それぞれシード権を持つ2チーム(2019年はLCSとLMSのチーム)と当たる、ダブルエリミネーション式のトーナメントです。3本先取で、4チームの内1チームのみが脱落し3チームがグループステージへと進みます

グループステージ

プレーインノックアウトステージから進出した3チームと、グループステージへのシード権を持つ3チーム(2019年はLCK、LEC、LPLのチーム)の計6チームで1本先取の2回総当たりでリーグ戦を行います。上位4チームがノックアウトステージへと進出します。

ノックアウトステージ

グループステージを勝ち上がった4チームによる、3本先取のシングルエリミネーショントーナメントです。

MSIは賞金総額100万ドルが13チームに順位に応じて分配されます。2019年のMSI覇者G2には40万ドルが贈られました。

Worlds 

MSIが終わると再び各地域のリーグ戦(Summer Split)が開始されます。このSummer Splitとそのプレーオフが終了すると、World Championship (WCS)と呼ばれる世界大会が開催されます。LoLにおいて世界大会と言ったら大体この大会のことであり、よく「Worlds」などとも略されます。

WorldsはMSIよりもさらに規模が大きい大会です。2020年は、地域リーグの成績により合計で22チームが出場資格を得ました。COVID-19の移動制限のためVCS(ベトナム)の2チームは不参加となりました。

2019年の内訳は、まずSummer Splitの勝者13チームが参加権を得ます。次に、LCK、LPL、LEC、LMS、LCSの5大リーグから、それぞれチャンピオンシップポイント上位等のチームが選出されます。チャンピオンシップポイントは、Spring SplitとSummer Splitの戦績より算出されます。ここまででまだ出場権を得ていない5大リーグのチームは、Regional Qualifiersと呼ばれる予選大会に出場することができ、これに勝つと出場権を得ることができます。

2019年は、5大リーグからそれぞれ3枠(Summer Splitの勝者、チャンピオンシップポイント上位、予選大会覇者)で15チーム、マイナーリーグからそれぞれのSummer Splitの勝者が9チーム、合計で24チームとなります。2020年は、コロナ禍の影響でベトナム (VCS)の2チームが参加できなかったため、合計22チームになりました。

大会フォーマットは3ステージ(さらに分類すると4ステージ)に別れており、それぞれにシードが存在します。Worldsの各ステージは、プレーインステージ(プレーイングループ、プレーインノックアウト)、グループステージ、プレーオフノックアウトステージ(準々決勝、準決勝、決勝)となっています。

The Internationalなどと同じように、Worldsの賞金には大会記念アイテムのゲーム内売り上げが加算されます。2018年のWorldsの賞金総額は225万ドルから開始し、最終的には645万ドルまで膨れ上がりました。

大会レポート:

【League of Legends】コロナウイルスの影響でLCKが無期限の延期に。MSIにも影響

【League of Legends】Mid-Season Invitationalが7月に延期されることが正式に発表。コロナウイルスの影響

【League of Legends】Mid-Season Cup 2020が現在開催中。MSIの代わりとなるイベント

LoL プロリーグ アーカイブ

LoL Worlds

(C)©Riot Games Inc.

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事