プロゲーマーのNinjaこと、リチャード・テイラー・ブレヴィンズ(29歳)が9月10日、Twitchと複数年の独占ストリーミング契約を締結したことが明らかになりました。Twitchとの契約金額について、締結時点では、発表されませんでした。

紆余曲折の1年、Ninja自らファンに報告

Ninjaは「Twitchで新たなチャプターが始まる」とツイートし、報告しています。

2019年夏までは、Twitch(Amazon所有)で随一の人気を誇っていたNinjaですが、Mixer(Microsoft所有)と独占契約を結び、複数年契約で、契約金は2,000万米ドル(約22億円)~3,000万米ドル(約33億円)だったと言われています。

Mixerは、7月22日にサービスが閉鎖することを発表しましたが、Ninjaには契約通りに、満額が支払われるとのことでした。

Mixerは、ストリーマーに対して、Facebook Gamingへの移行を推奨しており、Ninjaら、著名なプロゲーマーの去就が注目されていましたが、その後、しばらくの間は独占契約をせずにYouTube GamingやTwitchでストリーミングを行い、手応えを確かめていたようです。

今後は、Twitchのみでストリーミングが行われます。
https://www.twitch.tv/ninja

Twitchのコンテンツ担当シニアバイスプレジデントのマイケル・アラゴン氏は「NinjaがTwitchに戻ってくるのは喜ばしいことです。ゲームコミュニティーのアイコン的な存在で、業界や幅広い文化に与えた影響は、驚くべきものです」とコメントしています。

Ninjaは『フォートナイト』(Fortnite)で有名になりましたが、他にも『PlayerUnknown’s Battlegrounds』(PUBG)や『Valorant』等もプレイしています。

NinjaはInstagramでも、絶大な人気を誇っています。
https://www.instagram.com/ninja/

shroudもTwitchに復帰

Ninjaが2019年8月にMixerに移籍した2カ月後の10月に、後を追うようにして、同じくTwitchからMixerに移籍した人気ストリーマーのshroudことマイケル・グゼシェックも、Ninjaと同じくTwitchに復帰しました。
https://www.twitch.tv/shroud

shroudは「我が家に戻ってきます」とツイートしています。

ストリーミングはどこへ行く?

Mixerが、大手プラットフォーマーの牙城を崩そうと、大物ストリーマーを巨額の資金で引き抜き、勃発したストリーミング戦争でしが、Mixerは、なかなかシェアを伸ばすことが出来ず、それからわずか1年で閉鎖が決定しました。

結局、Twitchの天下とYouTube Gamingの2位に、変更はありませんでした。今後、次なるチャレンジャーが現れるかも注目です。



(C)©Twitch

ゲームを仕事に。チャンスをみんなに。eスポーツ選手紹介サービス「ゲーマーズ・ナビ」
URL: https://www.gamers.work/

eSportの最新情報を配信しています!
詳しくはこちら↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事